ホーム > 歴史REAL大江戸の都市力

歴史REAL大江戸の都市力  新刊

江戸がスゴかった理由がわかった! 水・地形・都市づくりに着目した新視点の江戸学。 江戸を知れば、東京の未来像が見えてくる!!

ジャンル ムック
シリーズ 歴史 > 歴史REAL
出版年月日 2018/10/16
ISBN 9784800315687
判型・ページ数 A4変・126ページ
定価 本体1,200円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

人口100万人を抱える世界屈指の大都市となった江戸。
経済や教育でも江戸は世界トップクラスの水準を誇った。
鎖国政策を敷く小さな島国のいち都市ながら、
江戸はなぜこれほど豊かな都市になることができたのか?
その理由を、江戸独特の地形や、それを活かした都市づくり
という新たな観点で探る、新しい江戸学。
第一線で活躍する江戸研究者たちが独特の視点で、
江戸を世界に誇れるまちにした“都市力”を解説する。
また、「ブラタモリ」でおなじみの案内人たちが、
江戸の「都市力」を体験できるぶらり散歩を案内!

巻頭インタビュー・陣内秀信
「江戸・東京の歴史からなにが学べるのか?」

特別寄稿・田中優子
「吉原遊郭は、都市の中のもうひとつの都市だった!」

PART1・江戸はこうして豊かになった――陣内秀信
PART2・地形・地理・図表で読み解く江戸の成り立ち
PART3・江戸・東京の基層――谷口 榮
PART4・江戸から東京へ――藤森照信

セミナー「ユニークな江戸」
盛り場――川添 裕
妖怪――横山泰子
名所――小林ふみ子

江戸の成り立ちを知るぶらり散歩
隅田川以東――高村雅彦
千鳥ヶ淵――皆川典久
日比谷入江と江戸城――後藤宏樹
新宿・四谷――皆川典久
「都心」に眠る古墳――高村雅彦
井の頭池――皆川典久

歴史最新スクープ「文字の伝播を物語る!? 
硯や線刻文字の確認、相次ぐ」

このページのトップへ