ホーム > わが子の「発達」が気になったときの本

わが子の「発達」が気になったときの本  新刊

わが子の「発達」が気になったときの本

「もしかして、私の子どもは……」そんな不安を抱いたとき、どうすればいいか。そんな不安を解消するためのヒントが詰まった一冊!

ジャンル ムック
シリーズ 趣味・実用
人文・社会・教育
出版年月日 2018/09/27
ISBN 9784800315656
判型・ページ数 B5・112ページ
定価 本体1,300円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

落ち着きがない、集団行動ができない、
異常なまでのこだわり、失くし物が多い――
そんなお子さんの行動を目の当たりにし、
「もしかして……」という不安を抱いたとき、どうすればいいのか。
そんなとき、ひとりで悩まずに、発達障害の正しい知識を得ること、
理解を深めることが、第一歩ではないでしょうか。
本書には、専門家の先生や発達障害のお子さんを育てている方たちの、
アドバイスや体験談が掲載されています。
不安を抱える保護者の方々にとって、ヒントとなるはずです。

●はじめに 第一歩は正しい知識を得ることから

●発達障害を知ろう
*お茶の水女子大学名誉教授・榊原洋一先生

「みんなとなんとなく違う」と感じたら もしかして、うちの子は発達障害?
まず、「発達障害」を理解しましょう
基礎知識1 ADHDを知りましょう
基礎知識2 自閉症スペクトラム(ASD)を知りましょう
基礎知識3 学習障害(LD)を知りましょう
基礎知識4 発達障害のへ併存症・合併症をを知りましょう
年齢ごとの気づきポイント
発達障害の治療法を知りましょう

●相談から診断、進学から就労まで
専門家が14のアドバイス 心をつなぐサポートを知ろう
東京都発達障害者支援センター(TOSCA)センター長・山崎順子さん

1 発達障害の子どもはどう支援されていくの?
2 発達が気になったらまずはどうする?
3 園や学校の先生にたずねてみるべきですか?
4 「発達検査」とは何? いったい何がわかるんですか?
5 発達障害があるかないかの「診断」とはどんなものですか?
6 母子手帳など、成育がわかるものを持参しましょう
7 発達障害と診断されたらどんな教育が受けられますか?
8 発達障害がある子どもの進学、就労が心配です
9 「手帳」ってやっぱり取得したほうがいいんですか?
10 発達障害にも公的な支援ってありますか?
11 公的・医療機関以外に相談できるとことはありますか?
12 ママ友にも相談できない悩み、どうしたらいい?
13 山崎先生メッセージ これ!という人に出会うために積極的につながっていきましょう
14 相談窓窓口の情報はどう調べたらいいの?

●インタビュー 栗原類さんの母・泉さんが語る
不安を抱える親御さんたちに伝えたいこと

●母の手記 娘と息子との苦悩、葛藤、そして喜びの日々
「発達障害」と生きる
【Ⅰ】わが子に診断がつくまで
【Ⅱ】「就学」という大きな山
【Ⅲ】投薬の記録
【Ⅳ】ふたりの子どもの現在

●対談 宝槻泰伸(探究学舎代表)×矢萩邦彦(知窓学舎塾長)
発達障害という名の個性

●ドキュメント・ルポ
発達障害をめぐる人間模様

このページのトップへ