ホーム > 神隠し

神隠し  これから出る本

神隠し

現代社会で実際に起きた、不可解な謎多き「神隠し」的事象をつづる、現代怪異譚集!

ジャンル 単行本
シリーズ 趣味・実用
出版年月日 2018/07/19
ISBN 9784800315274
判型・ページ数 4-6・288ページ
定価 本体1,400円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

人が、車が、遺体が消える――
怪異の名手たちが放つ奇っ怪な話の数々。
異界への入り口は、あなたのすぐそばにあるのかもしれない……

『山怪』と「神隠し」
語り◎田中康弘

都会で起こる“神隠し”の恐怖
語り◎平山夢明

“人体消滅”というミステリー
文◎小池壮彦

禁断の地――「田代峠」の怪
取材・文◎黒木あるじ

鉄道神隠し事件
取材・文◎吉田悠軌(とうもろこしの会)

宇宙仙境奇譚
――「神隠し」と異星人誘拐を結ぶ異次元コード
文◎濱田政彦

神隠しをするのは「神」に非ず
取材・文◎黒史郎

「六部殺し」と「神隠し」
取材・文◎天歳真文

広島一家4人“神隠し”事件の謎
取材・文◎朝倉喬司

一度入ったら、帰ってこれない“山中の異界”
取材・文◎朝倉喬司

神社に出没する“黒い影”
取材・文◎田上順唯

恐怖と戦慄の「神隠し」
取材・文◎天歳真文

忽然と姿を消した子どもたち
取材・文◎関根紀夫

“神隠し”を夢見た犯罪者たち
取材・文◎高橋ユキ

謎の失踪事件――消えたゲームディレクター
取材・文◎沖田正信

「神隠し」スポット
取材・文◎吉田悠軌(とうもろこしの会)

このページのトップへ