ホーム > 日本列島5億年史

日本列島5億年史

日本列島5億年史

日本列島は、どのように形成されたのか? 全国に残る列島形成の痕跡をたどる!!

ジャンル ムック
シリーズ 歴史
出版年月日 2018/04/18
ISBN 9784800314338
判型・ページ数 A4変・112ページ
定価 本体1,200円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

5つの大きな島から成る日本列島は、かつてユーラシア大陸の東縁の一部だった。
5億年前からのプレート運動によって形成された日本列島は、
約2000万年前に大陸から分離して、現在の姿になったのは2万年前のこと。
その壮大な列島形成の痕跡は、いまも各地の地層や岩体に刻まれている。
地形・地層・地質から、列島形成5億年のダイナミズムと悠久の記憶に迫る!!

◆巻頭特集 日本列島が誕生するまで~4ステップで見る列島形成史
STEP01 《?2500万年前》付加体の形成
STEP02 《2500万年前?1500万年前》日本海の拡大
STEP03 《1500万年?100万年前》伊豆弧の衝突
STEP04 《300万年前?現在》東西圧縮

・テーマで見る日本列島5億年史年表

◆PART1 北海道~火山フロントが横断する5つの地質帯から成る~
プレートの接合現場 アポイ岳
凸凹地形の有珠山と昭和新山
5000万年分の地層が消えた!? 「蝦夷層群」の謎

◆PART2 東北~古生代と中生代の地層が語る悠久の東北地方形成史~
海底火山起源 仏ヶ浦のグリーンタフ彫刻
起源は古生代超大陸 岩井崎の石灰岩
造山運動が生んだ牡鹿半島の褶曲構造
異景! 磐梯山と鳥海山象潟の流れ山

◆PART3 関東・中部~東北日本と西南日本の接合点 折れ曲がる中央構造線~
列島成立を物語る下仁田の「ナップ構造」 
深海起源の美濃帯の層状チャート
白亜紀の変成岩が隆起した長瀞の岩畳
巨大な横ずれ断層 大鹿村の「安康露頭」
銚子犬吠埼の灰白色の「斜交層理」
三者三様の地質 日本アルプス
3つのプレートの会合点にある富士山

◆PART4 近畿・中国・四国~古生代から新生代の付加体が西日本の土台~
石炭紀のサンゴ礁から作られた秋吉台
列島形成の鍵を握る「黒瀬川帯」
赤道から運ばれた地層「横浪メランジュ」
牟婁層群の「フェニックスの褶曲」
若いプレートの沈み込みがもたらした「瀬戸内火山岩類」
失われた熊野カルデラ 侵食地形に残る岩脈
地球の地磁気逆転が発見された玄武洞
海風と縄文海進が作った鳥取砂丘

◆PART5 九州・沖縄~巨大カルデラ起源の火山灰層に覆われた火の国~
9万年前の大噴火で完成した阿蘇カルデラ
破局的噴火ゆかりの薩摩硫黄島
差別侵食が生んだ宮崎の鬼の洗濯板
花崗岩マグマが上昇した屋久島
プレートの〝シワ?に堆積した「琉球石灰岩」

このページのトップへ