ホーム > ラン&ガン 東洋大学京北高等学校バスケットボール部監督 田渡優の流儀

ラン&ガン 東洋大学京北高等学校バスケットボール部監督 田渡優の流儀

高校バスケットボール界の名将、田渡優が明かす、 その半生と指導哲学

著者 田渡 優
ジャンル 単行本
シリーズ 趣味・実用
出版年月日 2018/04/04
ISBN 9784800314505
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,400円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

高校選抜出場30回、インターハイ出場41回、
全国優勝4回の実績を誇るバスケットボールの名門
東洋大学京北高等学校

1992年、監督に抜擢され、
突然名門校をを率いることになった田渡優は、
いかにして、最強軍団を作り上げたのか。

高校バスケットボール界の名将が明かす、
その半生と指導哲学
【第1章】「俺、すごいんじゃない?」勘違いの新人監督
 01 俺、すごいんじゃない?
   今でも戒めにしている/突然の監督就任/根性論的な指導
 02 バスケットボールは進化している
   「走れ」「跳べ」「守れ」では勝てない時代/理論を裏づけるデータの重要性/
   局面ばかりを見ていた練習/全国大会で優勝候補に勝利
 03 ぐうの音も出ない痛烈な一言
   日本代表スタッフに選ばれる/尊敬すべき先輩指導者たち/あるコーチの質問/
   京北高校バスケットボール部の戦歴―――

【第2章】「僕もこういう人になりたい」バスケットボール、そして恩師との出会い
 01 今の選手たちは、本当によくやってるよ
   勝つための構想を練る/新年早々の大会、ニューイヤーカップ/約束事は守る
 02 「とくにしたいことはないし」から始まったバスケットボール人生
   恩師、長岡恵美子先生/鮮明によみがえる赤いジャージ/破れたバッシュを縫って履く
 03 まさる、教師になりたいなら大学へ行きなさい
   まさかの大学不合格/「田渡、合格したから」/大学の学費が払えない
 04 父であり、目標であり、親分だった
  もう一人の恩師、花井義和先生/指導者としての心構え

【第3章】「引き出しがなくなったら勉強しに行くよ」常に学ぶ
 01 指導者の引き出し
   僕は誰からでも教えてもらう/海外のバスケから学ぶ
 02 ど素人からのスタート
   地獄の練習/3年生の引退でバスケが楽しくなる/大人との練習でレベルアップ
 03 それでも目を盗んでやるんだよね
   選手間の上下関係/選手の後に帰宅/3年生の引退で2年生の態度が変わる
 04 人の倍は走ってきたから負けるわけない
   負けない気持ちを培う/練習をさぼって丸坊主/地道な努力はどこかで実を結ぶ/
   日本一の練習をしよう/結果はすぐに出ない

【第4章】「自分の思う練習ができない」アシスタントコーチとしての出発
 01 指導者も失敗しながら成長する
   指導者としての信念/悔しくて泣いた/ビジョン、ポジション、コミュニケーション/
   明確な指示が出せなかった
 02 花井先生からの「戻ってこい」
   無敵! 中京大学バスケットボール部/練習は手を抜かない/帰郷するたびに京北へ
 03 偉大な監督
   先輩、ありがとうございました/最後まで楽しかった選手生活/小林平八という人

【第5章】「僕らで勝てるチームを作ろう」青山学院大学での経験
 01 最低限知っておきたいバスケットボールの知識
   個人とチームのバスケットボール技術/ポジションの適性/タイプ別のチームスタイル
 02 アシスタントコーチからスタートした指導者人生
   東京はバスケットボールの中心だった/スカウティングの変化/監督として臨んだ地域選抜対抗
 03 自分が考えたチーム育成ができる!
   青山学院大学のヘッドコーチ就任/アシスタントコーチとの構想/再び京北高校/
   アシスタントコーチという立場での足踏み

【第6章】「考えろ! すぐに動け!」京北のバスケットボールスタイル
 01 日本人コーチたちの会話の意味がわからない/アメリカの普通の高校に歯が立たない/
   日本人にできるバスケットボールを考えよう/結論は出なかった
 02 仙台高校との合同練習
   「うちの練習に来るか」/日本一の「コーチ力」を知る/打倒! 能代工業/
   データ蓄積の重要性を再認識
 03 能代工業の強さと恐ろしさ
   国内最強、能代工業の指揮官/「今度、一緒に練習をさせもらえないか?」/
   密度の濃い練習/試合形式の練習で勝てない
 04 「ラン&ガン」スタイル
   徐々に作り上げられた京北のスタイル/制限下での練習の工夫/6年間の選手育成/
    スカウトの是非/恩師からのうれしい言葉

【第7章】「こいつらの気持ちに応えたい」京北高校の選手育成
 01 え? あのプレーでヒビが入ったの?
   ボール練習を通じたフィジカル強化/激しすぎる練習は逆効果/鬼ごっこはいい練習!?
 02 生徒の気持ちに応えたい/全国大会に出たい/大差で全敗してのベスト4/
   合宿でつけた自信を持って大会出場/選手のやる気に応えるために
 03 田渡は優しいからな
   長岡先生から受け継いだ愛/僕の最大の応援団

【特別編】田渡優という指導者
 とにかく厳しい人でした
  後から優しさに気づく/千人以上の観客の前、たった一人でのシュート練習/
  田渡先生の涙/誰よりも細かく丁寧、根気よく/厳しさのなかにある人柄
 誠、人の先を読んで動けよ
  予測して動く/誰からの意見も取り入れる
 最後に一言―――

このページのトップへ