ホーム > こころの不安がわかる精神医学入門

こころの不安がわかる精神医学入門

こころの不安がわかる精神医学入門

「「うつと躁」、「薬物療法」、「統合失調症」、「発達障害」――精神医学を理解するための知識を網羅した「精神医学入門ガイド」。

ジャンル ムック
シリーズ 人文・社会・教育
出版年月日 2018/03/01
ISBN 9784800314376
判型・ページ数 A5・192ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

近年進歩を続ける「精神医学」や「精神医療」。
そして、心の病に関する情報も広まり、
「精神科」の敷居も下がり、受診者も増加傾向にある。
だが、正しい知識が浸透しているかといえば、現実はそうとは言えない。
識者・専門家・精神科医による「生の言葉」を掲載し、
「正しい知識」によって精神医学の理解を深めようというのが、
本書のコンセプトである。
目次

人は「心の病」といかに対峙してきたのか
精神医学の歴史と変遷
文◎米澤利幸

「精神医学」基礎用語解説
文◎石川清/監修◎とよだクリニック院長 豊田早苗

希代の博識精神科医が語る昨今の「こころの病」事情
「うつ」とは何か、「躁」とは何か
春日武彦

うつ病になる――「うつ」が伝染る
「うつ」についてのちょっと深い考察
文◎春日武彦

薬物療法至上主義の現実と正しい薬との付き合い方
心の病は薬で本当に治るのか――?
片田珠美

薬物治療と「SSRI」体験記
文◎春日武彦

「謎の精神病」を理解するための基礎知識
「統合失調症」入門
春日武彦

“恐ろしい不治の病”――統合失調症の根本には何があるのか
「精神病」の正体――あるひとつの仮説
大塚明彦

「ADHD」「ASD」「アスペルガー症候群」の正しい知識
「発達障害」とはどんな病なのか
岩波明

新たな可能性についての考察
発達障害と教育
矢萩邦彦

「児童精神医学」への道しるべ
子どもの「心の病」とどう向き合うべきか
滝川一廣

グローバル化の狭間で考える家族の在り方
「ひきこもり」と「心のケア」の現在
中垣内正和

ひきこもり問題の解決の一助
アウトリーチ(訪問サポート)の現状と課題
文◎石川清

このページのトップへ