ホーム > 別冊映画秘宝 鬱な映画

別冊映画秘宝 鬱な映画

別冊映画秘宝 鬱な映画

キーワード「鬱」を軸に編まれた、新しい映画の見方を提言する。

ジャンル ムック
映画秘宝
シリーズ エンターテイメント
趣味・実用
出版年月日 2017/12/26
ISBN 9784800313775
判型・ページ数 A5・232ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

鬱屈、鬱積、鬱々……時代はメランコリアだ。
映画にも、もちろん鬱はある。
スカッとしない、辛い、それでもリアルな人生は続く。
精神分析医・春日武彦先生の映画と鬱の関係に始まり、
強烈鬱映画23本にまとまる、心の病と映画の関係に迫る1冊。

第1章 鬱と映画について
専門家の視点から 鬱、鬱病、映画~春日武彦インタビュー
映画に描かれる鬱のプロセス

第2章 鬱を通して見る映画の研究
『ザ・ブルード/怒りのメタファー』
『サイコ』
『エクソシスト』
『SAFE』を再評価
『電子頭脳人間』
『反撥』
『イレイザーヘッド』

第3章
鬱と映画作家
ラース・フォン・トリアー
トニー・スコット
チャーリー・カウフマン
ダリオ・アルジェント
ノーラン、アロノフスキー、チャゼル~21世紀の鬱作家
伊丹十三
北野武
黒沢清
井口昇が語る「我が鬱的映画」

第4章 鬱と映画ジャンル
対談 三宅隆太×継田淳「鬱なときには鬱な映画を」
鬱コメディ
恋愛鬱映画
鬱なフィルムノワール
鬱、それでもアクション
戦争後遺症的鬱映画
鬱的サイエンス・フィクション

第5章 鬱映画ガイド23選
ラストマンでも大丈夫

このページのトップへ