ホーム > おにぎりと日本人

おにぎりと日本人  新刊

知っているようで知らない 日本人のソウルフード、おにぎりの謎に迫る!

著者 増淵 敏之
ジャンル 新書 > 新書y
シリーズ 歴史
出版年月日 2017/12/05
ISBN 9784800313409
判型・ページ数 新書・192ページ
定価 本体950円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

おにぎりには、日本の歴史と風土が凝縮されている!
弥生時代の神事に発したおにぎりは、動乱の戦国時代に前後国広がり、
江戸時代に大衆食となった。
近代に入ってからは富国強兵政策のもと、大日本帝国の兵士たちを支えた。
日本史の背景には、常におにぎりがあったのだ。
同時におにぎりは、無限ともいえるバリエーションを持つに至った。
関東、関西、東北では、おにぎりの形も、具も違う。
だが、それはなぜだろうか?
日本人のソウルフード、おにぎりの謎に迫る!

【第1章】おにぎりの歴史
 聖なるおにぎり
 おにぎりは大陸からやってきた!?
 『源氏物語』に現れるおにぎり
 承久の乱でおにぎりが配られた
 万能だった梅干し
 おにぎりの栄養学的合理性
 レーションとしてのおにぎりの進化
 武士を支えた塩と味噌
 悲劇のおにぎり
 武士たちはおにぎりを忘れなかった
 海苔巻きおにぎりの登場
 おにぎりの多様化と弁当
 おにぎりと弁当のいろいろ
 軍隊では庶民でも白米が食べられた
 白米への憧れ
 陸軍型おにぎりと海軍型おにぎり
 おにぎりには艦の個性が出た
 おにぎりは体力の源?
 おにぎりがハンガーノックを防ぐ
 庶民にとってのおにぎり
 軍とおにぎり
 おにぎり最後の革命

【第2章】日本文化としてのおにぎり
 おにぎりと宗教性
 「むすぶ」
 海外におにぎりは見当たらない
 チュモクパプとキムパプ
 実はおにぎり好きだった韓国人
 中国の「おにぎり」は具が主役
 おにぎりへ抵抗感が強い中国人
 素手で食べ物をつかむということ
 手食が残る日本
 冷えた料理は嫌われる
 戦場の武士たちはおにぎりを求めた
 兵士とおにぎり
 おにぎりに相当する外国の食べ物は?
 携帯食には小麦食品が多い
 おにぎりは携帯に向かない
 日本では製粉技術が発達しなかった
 米を愛した日本人
 寿司の歴史
 江戸のおにぎりと寿司は似ていた
 江戸時代のおにぎり
 学校と富国強兵
 遠足は行軍演習だった
 おにぎりは買って食べるものになった
 世界はアニメでおにぎりを知る
 アニメにみるおにぎりの形
 おにぎりの神秘性は残っている?
 人と人を結ぶ「おにぎり」

【第3章】おにぎりと地域性
 「おにぎり」をなんとよぶ?
 「おむすび」の登場
 歴史から地域性へ
 おにぎりの形は4パターン
 おにぎりは三角形だけではない
 形状と地域性
 原始的なおにぎりである球形
 球形おにぎりは作りやすい
 太鼓形おにぎりは球形おにぎりのバリエーション?
 味噌は日本人を支えてきた
 保存食としての赤味噌
 東北地方には焼きおにぎりが多い
 「おむすび」という呼称
 韓国の俵形おにぎり?
 不吉な三角おにぎり!?
 三角おにぎりが主流になったのはつい最近
 おにぎりのパターン
 おにぎりを包むのは海苔だけではない
 具はなんでもOK
 おにぎりの味わいは千差万別
 おにぎりを食べれば地域がわかる

【第4章】おにぎりの未来
 新しい具の登場
 なぜツナマヨおにぎりは成功したか
 人気の具は変わらない
 新しいおにぎり
 おにぎりの具の条件とは?
 世界で現地化したおにぎり
 タイの「ヒデコ」
 コンビニがおにぎりの食感を変えた
 包装形式の変化
 他人が握ったおにぎりは食べられない?
 コンビニがおにぎりの全国統一を果たした
 おにぎりの多様化がはじまった
 おにぎりは一晩にして成る?
 おにぎりは町を映す
 三鷹市でのおにぎりの調査
 おにぎりは昼に食べられる
 女性が好むおにぎり
 おにぎりをいくつ食べる?
 コンビニおにぎりと住宅街のおにぎり
 東京では駅のそばを狙うべし
 地方でおにぎりの奥深さを知る
 豊かなるおにぎり
 米と水
 ふんわり仕上げる

このページのトップへ