ホーム > 実録・不良映画術

実録・不良映画術  新刊

実録・不良映画術

21世紀日本映画、期待の新人監督の暴力が牙剥く凶悪自伝的映画指南書、ここに見参! 映画監督希望少年、必読の1冊!

著者 小林 勇貴
ジャンル 単行本
シリーズ エンターテイメント
趣味・実用
出版年月日 2017/11/17
ISBN 9784800313720
判型・ページ数 4-6変・318ページ
定価 本体1,600円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

名だたる映画祭を荒らしまわり、
遂には間宮祥太朗初主演の犯罪映画の傑作
『全員死刑』でプロデビューを飾った男・小林勇貴。
静岡県富士宮市に生まれ、
閉塞した状況で不良狩りをしていた青春時代。
上京後、様々なカルチャーに触れ、映画作りに目覚める。
故郷で暴力に明け暮れる本物の不良たちと共に作った
『Super Tandem』でぴあフィルムフェスティバルを、
『NIGHT SAFARI』でカナザワ映画祭を、
『孤高の遠吠』でゆうばりファンタスティック映画祭を制覇。
その勢いを止めることができない鬼の才能は
如何にして生まれ育ったか、そのすべてを明らかにする!

プロフィール
小林勇貴(こばやし・ゆうき)
1990年9月30日生まれ、静岡県富士宮市出身。『Super Tandem』(2014)で第36回PFF入選、
『NIGHT SAFARI』(2014)でカナザワ映画祭グランプリ、
『孤高の遠吠』(2015)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ。
実話ベースの物語に本物の不良を出演させるなど野蛮かつ大胆な作風が話題となり
各メディアに取り上げられ、多くの著名人が絶賛。
2017年3月に新作自主映画『逆徒』を発表。
11月に日活製作、間宮祥太朗主演の『全員死刑』で商業監督デビューを果たし、
12月には2作目の商業映画『ヘドローバ』が公開。今最も話題の若手映画監督。

序章 静岡県富士宮市生まれ
第1章 不良、映画を撮る
第2章 『Super Tandem』編
第3章 『NIGHT SAFARI』編
第4章 『孤高の遠吠』編
第5章 『逆徒』編
終章 全員死刑

このページのトップへ