ホーム > 最新!スキーの科学

最新!スキーの科学  新刊

ワンランク上のスキーヤーになる! 科学が教える上達のポイント!

ジャンル ムック
シリーズ 趣味・実用
スポーツ
出版年月日 2017/10/19
ISBN 9784800313478
判型・ページ数 A4変・128ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

スキー指導の現場では、
経験則に基づく指導が行われることが多く、
それらを裏付ける科学的な根拠が乏しい。

本書では、スキーに関する動作分析を行い、
上級者がどういう動きをしているか、
初中級者とはどこが違うのかを比較。

科学的なアプローチで見えてきた、
スキー上達のポイント。
本書を読めば、ワンランク上のスキーヤーになれる!

プロローグ

INTERVIEW
丸山貴雄 技術選5度の優勝を誇る絶対王者

本書に登場するスキー用語解説

【Part1】 滑りの動作解析 上級者はここが違う!
 プルークボーゲンでの重心軌道
 シュテムターンの重心軌道
 中低速のパラレルターンの重心軌道
  カービングターン時の重心と軌道
 カービングターン時の肩と骨盤の向き
 指導時の注意点とポイント① プルーク
 指導時の注意点とポイント② シュテム・パラレル
 ショートターンでは両足均等荷重
 コブをどう攻略するか
 新雪をどう滑るか(非圧雪斜面の滑り方)
COLUMN 100年以上前にレルヒが伝えたスキー技術

【Part2】 ターンを科学する
 重心は足元から身長の約55%の位置
 重心の軌道はターンの内側を通る
 ターンには向心力と遠心力が重要
 ターン前半は外力と内力を上手に活用する
 ターン後半は雪面抗力を処理する
 迎え角はターンに必要不可欠
 たわみを作る滑りと抑える滑り
 スキーには最大で体重の倍以上の力が加わる
 ターンの種類で異なる左右への荷重配分
 内脚をどう使うか
 地面反力はターン弧によって異なる
 上級者は前後の移動量が滑らかで大きい
 アルペンスキーヤーに必要な体力要素
 スキーの最新研究と今後の可能性
COLUMN オーストリアの研究事情

【Part3】 シニア層のスキーと体の関係
 シニア層でも筋力は向上する
 スキーは心肺機能を向上させる
 楽な滑り方と負荷の強い滑り方を使い分ける
 スキーと傷害
 主なケガの発生原因と注意点
COLUMN インストラクターから見た、シニア層のスキーの傾向

【Part4】 スキーとフィジカルの関係
 フィジカルとスキーの関係
 股関節が、全ての動作の中心
 よいポジションは、バランス保持とケガ予防に不可欠
 トレーニングの考え方
●フィジカルトレーニングのポイント
[簡単メニュー①]ヒザ周りのケガを予防①
[簡単メニュー②]ヒザ周りのケガを予防②
[簡単メニュー③]脚を内旋させる筋力を鍛える
[簡単メニュー④]よいポジションを作る
[初中級向けメニュー①]初中級者向けのポジション作り
[初中級向けメニュー②]モモの筋力を鍛えてヒザのケガ予防
[初中級向けメニュー③]脚を内旋させる筋力を鍛える
[初中級向けメニュー④]股関節の柔軟性を高める
[中上級メニュー①]高速でもブレないポジションを作る
[中上級メニュー②]カービングターンに耐える股関節の柔軟性強化
[中上級メニュー③]不整地にも対応できる股関節の柔軟性強化
[中上級メニュー④]内旋筋群を鍛え、同時操作の質アップ

【Part5】 スキー上達のトレーニング+ここが知りたい! スキーQ&A
●スキー操作の土台となるよいポジションを覚える
 斜滑降で漕いでポジションを修正
 ターン中に漕いでポジションを作る
 谷脚踏み蹴りで斜め前に乗り移る
 テールジャンプでポジション確認
 ズレを自在にコントロールする
●切り替えで重要な重心移動を覚える
 谷ストックを引きずったまま切り替え
 山側のストックを突いてターン
 谷脚踏み蹴りで斜め前に乗り移る
 谷側へ一歩、踏み降りる
 へそをスキーへ近づけてからターン
●スキーをたわませる加圧の仕方
 加圧の感覚をつかむ①
 加圧の感覚をつかむ②
 スキッディングのロングターンで長く加圧
 内スキーをクロスしてターン
 低い姿勢から重心を移動し加圧
 股関節ストックで加圧を緩める
 ターン中盤からクローチング
●ズレとキレを調節するエッジの立て方
 チェックジャンプ
 外スキーのエッジを意識したシュテム
 内スキーだけで切り替え

●ここが知りたい! スキーQ&A
 Q1 ターンに入るときにはつま先側に体重を乗せる?
 Q2 ターン後半は意図的にカカトに体重を乗せたほうがいい?
 Q3 プルークが基本と言われるのはなぜ?
 Q4 両脚荷重とよく聞くけれど、実際に両脚で荷重をしているの?
 Q5 理想的な姿勢(ポジション)ってどんな姿勢?
 Q6 外向傾姿勢は自分で作る?
 Q7 直滑降でスタートするのはなぜ?
 Q8 ストックはどのタイミングで突くといい?

エピローグ

このページのトップへ