ホーム > この業界・企業でこの採用テストが使われている!2019年度版

この業界・企業でこの採用テストが使われている!2019年度版  新刊

採用テスト対策のスタートは、本書がベスト! 人気企業1300社の詳細なテスト実績を掲載!

著者 SPIノートの会
ジャンル 単行本
シリーズ 就職・学参
出版年月日 2017/10/04
ISBN 9784800313294
判型・ページ数 A5・260ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

「テスト対策っていつ、何をすればいいの?」「SPI以外にも種類があるの?」
「どの企業がどのテストを使っているの?」など、
採用テスト対策の疑問に答える一冊。
採用テスト対策のスタートに最適です。

本書の目玉は、以下の通りです。

〔1〕新卒採用で使われる「採用テスト」を紹介!
世の中には多種多様な採用テストがあります。
「どれも同じようなもの」と思っているとしたら、大きな間違いです。
本書は、SPIを含む主要な採用テスト約70種を紹介。
テスト対策の第一歩は、採用テストを知ることからです。

〔2〕有力・人気企業1300社の「(秘)使用テスト速報」を掲載!
採用テストには決まった傾向があります。
それは、「同じ業界や職種では、同じテストが使われる」
「企業は同じテストを何年も使い続ける」です。
つまり「志望業界、企業、職種でどのテストを使っているのか?」
を調べ、そのテストの対策をすれば、
最短の時間で最大の効果が得られるのです。
※今年度の夏インターンシップ100社
+昨年度の本選考1200社。計1300社掲載。

〔3〕経団連の「採用日程」と企業の動きがわかる!
有力・人気企業の多くは、経団連の「採用選考に関する指針」で
定められた解禁日に基づいて、Webテストやテストセンター、
ペーパーテストを実施します。
本書は、それぞれの解禁日とテスト対策のスケジュール例を解説。
昨年度の有力・人気企業の動きを紹介し、
今年度はどう対処すべきかを解説します。

〔4〕主要採用テスト24種の「(秘)問題例」を掲載! 【大改訂】
採用テストを理解するときは、実際の問題例を見てみることが大事です。
本書はSPIを筆頭に、さまざまな採用テストの問題例を紹介。
「(秘)使用テスト速報」で調べたテストについて理解したり、
対策の方針を立てるのに役立ちます。
※2019年度版では、問題例を大幅入れ替え。
解説をコンパクトにし、扱う採用テストの数を増やしています。
「eF-1G」「3E-IP」「BRIDGE」「タンジェント」など、
実施数が増えている注目の採用テストの問題例も本邦初公開します。

◎イラスト入り巻頭カラー「60秒でわかる!採用テスト」を掲載!
◎性格テストの考え方や、社会人として望ましい人物像を解説!
◎本書に問題例を掲載した主要採用テスト:
●SPI(テストセンター・ペーパーテスト・WEBテスティング)
●SHL社のテスト(玉手箱・C-GAB・Web-CAB・CAB・GAB・IMAGES)
●ヒューマネージ社のテスト
(TG-WEB 従来型・TG-WEB 新型・ヒューマネージ社のテストセンター)
●SCOA ●CUBIC ●TAP ●eF-1G ●3E-IP ●BRIDGE ●タンジェント
●内田クレペリン ●TAL ●事務処理テスト(SPI-R・SPI-N・OAB)

第1部 最も効果の高い「採用テスト」対策とは?
第2部 主要採用テスト24種 問題例と解説
第3部 有力「採用テスト」一覧
第4部 有力・人気企業1300社の「マル秘使用テスト速報」

このページのトップへ