ホーム > 世界を見た幕臣たち

世界を見た幕臣たち  新刊

世界を見た幕臣たち

日本の近代化成功の礎は、幕末の幕臣たちが築いた!彼らの知られざる実績からたどる、 明治維新の原動力となったもうひとつの幕末史

著者 榎本 秋
ジャンル 新書 > 歴史新書
シリーズ 歴史 > 歴史新書
出版年月日 2017/09/05
ISBN 9784800313133
判型・ページ数 新書・224ページ
定価 本体950円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

坂本龍馬や新選組は出てこないけれど、
彼らのことを知らなければ幕末日本を理解したことにはならない――。
ペリー来航以降。欧米列強との関係が最大の懸案となるなかで、
七度にわたって海を渡った幕府遣外使節団。
その体験と持ち帰った知識は、その後の日本に大きな影響を与えていた!
未知の文化や列強との難交渉に悩まされた人間ドラマからたどる幕末秘史。

はじめに――西洋諸国を見た「大君の使節」たち

序章 世界を見た三人の漂流者――遣外使節団前史
1章 一八六〇年 万延遣米使節団
2章 一八六二年 文久遣欧使節団
3章 一八六四年 文久遣仏使節団
4章 一八六六年 慶応権梅雨使節団
5章 一八六七年 慶応遣欧使節団
終章 岩倉使節団に結実した幕府外交の志

コラム 知られざる海外渡航 
4度の上海派遣使節団
幕府派遣の留学生たち
海防と工業化を担った遣英仏使節団
目的を達成した二度目の遣米使節団

幕府による幕末遣外使節団の使節・随員主要者一覧

このページのトップへ