ホーム > 最新!キャッチャーの科学

最新!キャッチャーの科学

膨大な試合数から導き出された配球のセオリー キャッチャーに必要な全技術が身につく!

ジャンル ムック
シリーズ スポーツ
出版年月日 2017/08/02
ISBN 9784800313058
判型・ページ数 A4変・128ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入 ⇒   転職テスト:転職者用SPI2攻略問題集ピをアマゾンで購入

キャッチャーはすべてのプレーの要になり、
キャッチャーの一言や指示によって他の選手が動くという、
責任と同時に面白さもあるポジションである。

キャッチャーの最重要課題はとにかく配球である。
そしてそのためには本書で紹介した基本技術が必須となる。

まずはしっかりとボールを捕ることから始めよう。
ピッチャーが投げた球をしっかり受け止め、ピッチャーに返し、
時には励ましてほしい。
これはキャッチャーにしかできないことであり、
これができるだけでもキャッチャーの存在意義がある。

本書をきっかけに、より奥の深いプレーや
キャッチャーへの理解と興味を持っていただけたらと思う。

INTERVIEW 谷繁元信

〈Part1〉科学が教える配球の基本
 配球とは何か
 配球術を身につけるための4要素①
 配球術を身につけるための4要素②
 相手バッターを知る
 バッターの弱点の見抜き方
 強打者、好打者は緩急をつけて揺さぶる
 カウント別スイングの傾向
 緩急を使ってバッターを崩す
 ボールを有効に活用する
 ボールカウント別配球のポイント
COLUMN 超一流、谷繁元信のスローイング


〈Part2〉キャッチャーが知っておきたいデータ
 先頭打者の出塁は失点の大きな要因となる
 バントの成功率を下げる配球
 「ピンチの後にチャンスあり」は本当か
 2ストライク前後で変わるOPSの高いバッターの特徴
 投球データを元にした分析術
 打撃データを元にした分析術
COLUMN キャッチャーの大きな変化

〈Part3〉バッターのタイプ別 配球の考え方
 [TYPE1]グリップが高いバッター
 [TYPE2]グリップが低いバッター
 [TYPE3]グリップが体の内側に入る
 [TYPE4]ベースの近くに立つ
 [TYPE5]当て逃げ(左打者)
 [TYPE6]振りが大きい
 [TYPE7]スタンスが狭い
 [TYPE8]前かがみのバッター
 [TYPE9]グリップが体から離れる
 [TYPE10]ベースから離れて立つ
 [TYPE11]スタンスが広い
 [TYPE12]背筋が伸び直立するバッター
 [TYPE13]ボックスの前方に立つ
 [TYPE14]ボックスの後方に立つ
 [TYPE15]バットを寝かせる


〈Part4〉キャッチャーの基本技術を身につける
 6つの基本技術が配球の土台
 キャッチャーに必要な捕球技術とは
 難球処理ですべてのボールを止める
 スローイングは小さいステップで素早く
 一流選手のスローイング分解
 バント処理は体の真ん中で捕球
 ホームタッグプレーはランナーを払うようにタッチ
 キャッチャーフライは本塁へ戻る軌道を描く
 サインはコミュニケーションを取る大事な行為
 配球の基本は左右と高低
COLUMN 投手が崩れる3つの要因

〈Part5〉ワンランク上のキャッチャーになるためのトレーニングメニュー
●きわどいコースをうまく捕球できない
 [フレーミング力を上げる①]素手でボールを捕る
 [フレーミング力を上げる②]5m先からの投球を捕る
 [フレーミング力を上げる③]砲丸キャッチ
 [フレーミング力を上げる④]山なりボールを捕球
 [フレーミング力を上げる⑤]マシンの速球や変化球を捕る
 [フレーミング力を上げる⑥]ボールを弾く

●ワイルドピッチのボールを遠くへ弾いてしまう
 [難球処理力を鍛える①]足を払ってもらいお椀状の姿勢を作る
 [難球処理力を鍛える②]マスクにボールぶつけ&目を閉じない裏技
 [難球処理力を鍛える③]4~5m先からのボールを捕球
 [難球処理力を鍛える④]円にそって難球処理力

●簡単に盗塁を許してしまう
 [素早く正確なスローイング①]小さいステップで送球
 [素早く正確なスローイング②]ボールを握り変える
 [素早く正確なスローイング③]10m先へのネットスロー
 [素早く正確なスローイング④]各塁へのスローイング

●まだあるキャッチャーの基本技術
 [ファンブル処理]周りこんで送球
 [ホームタッグプレー①]ノックからタッグプレー
 [ホームタッグプレー②]バスケットボールを払う
 [バント処理]トスボールを処理
 [キャッチャーフライ①]マスクを遠くへ投げる
 [キャッチャーフライ②]フェンス際の捕球

〈Part6〉教えて! 川村先生
Q1 ピッチャーにとって投げやすいキャッチャーと投げにくいキャッチャーの違いは?
Q2 2ナッシングから1球遊ぶことの必要性
Q3 ピッチャーにリード通り投げるコントロールがない場合は?
Q4 リーグ戦特有の考え方とは?
Q5 トーナメント戦特有の考え方とは?
Q6 単調な配球にならない工夫は?
Q7 投手が交代した時の注意点は?
Q8 試合中の山場は予想できる? 事前に予想しておく?
Q9 どの程度のケースを想定しておけばいい?
Q10 バッテリーの阿吽の呼吸とは?

このページのトップへ