ホーム > 別冊映画秘宝 21世紀ホラー映画年代記

別冊映画秘宝 21世紀ホラー映画年代記  新刊

別冊映画秘宝 21世紀ホラー映画年代記

ハリウッドから世界へ、21世紀の恐怖映画のリアルを総括する!

ジャンル ムック
映画秘宝
シリーズ エンターテイメント
出版年月日 2017/07/20
ISBN 9784800312853
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

90年代、『羊たちの沈黙』『セブン』の大ヒットで
サイコ・サスペンスが台頭、ごく一部の例外を除き、
ホラー映画は一時の栄華を失った……
そんなことはない! ホラー映画は死なない!
21世紀に入っても、名作ホラーのリメイクからオカルト、
ワン・アイデアでもゾッとさせる傑作は生まれ続けている!
時代が変わり、派手なブームは去っても、
たえず進化し続けるホラー映画の現在をまとめる画期的一冊!

21世紀ハリウッド・ホラー・アイコン大集合

巻頭座談会:新世紀に入ってホラー映画は何が変わったか?

第一部 ハリウッド・ホラーの新しい流れ
キーパーソン:敏腕プロデューサー、ジェイソン・ブラム
オカルト監督としてのジェイムズ・ワン
ホラー作家としてのM・ナイト・シャマラン
名作ホラーリメイクの功罪
メジャー会社のホラーリメイク
全米大ヒットホラー研究その1『GET OUT』
全米代ヒットホラー研究その2『ウィッチ』
新世代ハリウッド・ホラー十傑
劇場未公開傑作ホラー映画十選
拷問ホラー再考
新時代のゾンビ映画とアポカリプス
宇宙人ホラーとアフター911
POVホラーとポスト真実
侵入系ホラーの研究
人体破壊エフェクトの現在
「ファイナル・デスティネーション」シリーズの研究
思春期はおそろしい
鉄板ジャンル・動物襲撃系
7人の新しいホラー人脈
カナダ・オーストラリア圏ホラーの勃興

第二部 アジア圏ホラーの動向
『新・感・染』と洋注目異色映像作家ヨン・サンホ
ヘルコリア時代の恐怖映画事情
香港で恐怖映画はどうなっているのか?
東南アジアの恐怖映画
中東の恐怖映画

第三部 ヨーロッパの新動向
恐怖の帝王ダリオ・アルジェントは死なず
『ハイテンション』『マーターズ』『屋敷女』
フレンチ・ニューウェーブの再検証
知られざるスパニッシュ・ホラーの現在
ユーロ圏ニューウェーブ恐怖映画をリサーチ

第四部 日本の恐怖映画の現在
黒沢清、白石晃士、山内大輔、Jホラー・シアター、心霊動画……

このページのトップへ