ホーム > 漫画+映画!

漫画+映画!  新刊
漫画原作映画の現在地

漫画+映画!

映画は漫画をハッキングしている!ハリウッドがねらう次の漫画は?…日本映画をささえる漫画原作の実写化を徹底研究!

著者 映画秘宝編集部
ジャンル 映画秘宝
単行本
シリーズ エンターテイメント
趣味・実用
出版年月日 2017/07/12
ISBN 9784800312792
判型・ページ数 4-6変・208ページ
定価 本体1,400円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

日本映画を支える漫画原作の実写化。
賛否両論を巻き起こしながら、それでも漫画原作映画は作り続けられる。
いつから日本の映画は漫画だらけになったのか?その構造は何か?
漫画と映画、それぞれの歴史と表現を読み解く研究書!

第1章 映画が漫画をハッキングする時代──三池崇史の功績と漫画原作映画の現在(森直人)
第2章 漫画原作映画は本当に増加しているのか?──数字から読み解く実写化の裏(胆石クラッシャー)
第3章 映画と劇画の70年代──エロスと血しぶきと衝動の時代(高鳥都)
第4章 カオス化するサブカルチャーとともに──漫画とテレビと映画の80年代相互作用(秦野邦彦)
第5章 漫画と映画における《錯覚》──金子修介の漫画原作調理術(尾﨑一男)
第6章 漫画とVシネマ──90年代、もうひとつのコミック天国(高鳥都)
第7章 新たな才能と漫画の融合──90〜00年代、非現実が現実に近づいた(長野辰次)
第8章 ハリウッドでの日本の漫画実写化は今──いまだそこには金が眠る(キシオカタカシ)
第9章 現代「スイーツ映画」考──少女マンガ実写化の構造(馬飼野元宏)

このページのトップへ