ホーム > いっきにわかる!身近な人に介護が必要なときの本

いっきにわかる!身近な人に介護が必要なときの本

退院前にやるべきことから、介護保険の手続き、自己負担額、介護施設の選び方まで!

ジャンル ムック
シリーズ 趣味・実用
出版年月日 2017/06/26
ISBN 9784800312624
判型・ページ数 A4変・96ページ
定価 本体900円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

親がある日突然入院して、介護が必要になった…。
今は元気だとしても、ある日突然、
大切な人に介護が必要になることは十分に考えられます。
そのとき、何の知識もなく、準備もないままだと、
ストレスを感じたり、金銭面で必要以上に不安になったりすることも。
相談窓口や介護保険制度を理解し、適切に利用することで、
金銭的な負担が軽減し、さまざまなサポートを受けることが可能です。
本書ではいざというときに、すぐに対応できるよう、
制度の仕組みや申請手続き、実際の負担額までわかりやすく徹底解説します!

<巻頭特集1>
●介護保険サービス 申請からサービス開始まで
早めに相談する/要介護認定を受ける/
ケアプランを作成する/サービスを利用する
<巻頭特集2>
●トラブル実例集こんなときどうする? ││
親が61歳だと介護保険を利用できない?/
要介護者の銀行口座から引き出せない! /
実家が離れている場合はどうする?/
介護保険を使っても支払いが高額…/
介護施設に不満があるのですが…/
ケアマネジャーを変更したいのですが…

<第1章>
●いざ介護保険を使う前に知っておきたいQ&A
入院中から介護の準備をしたほうがいい?/
介護保険サービスは誰でも利用できるの?/
介護が必要かどうかどう見極めればいい?/
保険料を滞納したらどうなる?/
住んでいる自治体でないサービスは受けられない?/
事業者の情報はどうやって集める?

コラム1>変わり続ける介護保険制度

<第2章>
●介護保険制度の仕組みと手続き
介護保険の基本の仕組み/介護サービスとは? /
介護保険を利用するには手続きが必要/
介護サービスの料金は? /
介護サービスの利用者負担と支払い方/
支給額には限度がある/要介護の区分/
訪問調査を受ける/認定の判定と通知/
認定前でも介護サービスは受けられる/
自立と判定された場合のサービスは?/
ケアマネジャーと契約する/ケアプランを作成する/高額介護サービス費とは?

コラム2>要介護認定に不満がある場合は?

<第3章>
●介護保険の各種サービスを理解する
在宅の利用者を支える「訪問介護」の内容/
訪問介護事業者を選ぶときのポイント/
家で医療サービスを受けられる「訪問看護」/
家でお風呂に入れる「訪問入浴介護」/
家でリハビリを受けられる「訪問リハビリテーション」/
日帰りで介護を受けられる「通所介護」「通所リハ」/
家族の負担を軽くする「短期入所系サービス」/
医師などが家庭訪問する「居宅療養管理指導」/
生活を援助する「福祉用具貸与」/
介護保険も使える「介護リフォーム支援」

コラム3>ホームヘルパーの業務範囲は?

<第4章>
●さまざまな介護施設を理解する
いろいろある介護施設の違いを理解しよう/入居時のチェックポイント/
介護保険施設には3種類の施設がある/介護保険施設にかかる費用の目安/
有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅

このページのトップへ