ホーム > 映画宣伝ミラクルワールド 特別篇

映画宣伝ミラクルワールド 特別篇  新刊

映画宣伝ミラクルワールド 特別篇

大ヒット至上命令!東和対ヘラルド、全知全能を賭けた大戦略。(惹句師・関根忠郎) これぞ独立系配給会社の映画宣伝黄金時代だ!

著者 斉藤 守彦
ジャンル 映画秘宝
単行本
シリーズ エンターテイメント
出版年月日 2017/06/21
ISBN 9784800312334
判型・ページ数 A5・336ページ
定価 本体3,000円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

映画をアテるためなら何でもやれ!
ハッタリ宣伝、ヨーロッパ名作のブーム、そしてミニシアターへの参入。
大手メジャー会社の勢力に対して、アイデアと度胸で挑戦し、
大ヒットを次々と生み出していったインディペンデント映画会社。
東宝東和と日本ヘラルド。
この2社を軸に70~90年代初頭にかけて、日本の洋画シーンを振り回し、
話題を生み出してきた映画宣伝の現場を生々しく取材。
書き下ろし12章を追加した、映画宣伝、奇跡の時代の記録!

はじめに なぜ「特別篇」なのか?
プロローグ 『キングコング』VS『カサンドラ・クロス』
第1章 インディペンデント系配給会社が元気だった年
第2章 『ヘラルド・ゴールデンセブンズ』とは何か?
第3章 超高性能戦略兵器『サスペリア』
第4章 東和、ヘラルドのホラー映画戦略
第5章 本当に「終わってもしばらく明かりがつかなかった」感動作『ジョーイ』
第6章 ブルース・リー『死亡遊戯』への道
第7章 『スター・ウォーズ』に食らいつけ!! 『フレッシュ・ゴードン/SPACE WARS』の場合
第8章 『スター・ウォーズ』に食らいつけ!! 『コンボイ』の場合
第9章 『ナイル殺人事件』とアイドマの法則
第10章 『家族の肖像』のヒットが巻き起こした、2つのブーム
第11章 予期せぬヒット!! 『Mr.Boo!』『電光石火』
第12章 地獄の邦題会議
第13章 ”宣伝には、俗な部分が必要だ”『グローイング・アップ」と『ゾンビ』
第14章 ヘラルドがすべてを賭けた『地獄の黙示録』
第15章 ジャッキー・チェンと、ひとりの宣伝マン
第16章 ”メディアと楽しく遊んだ”『カリギュラ』
第17章 『エレファント・マン』と、川喜多会長の死
第18章 新聞広告には、パターンがある
第19章 スピルバーグを打ち負かした、『キャノンボール』『エンドレス・ラブ』
第20章 『ブッシュマン』がまき起こした、空前のミラクル
第21章 コケた『メガフォース』と、当たった『少林寺』
第22章 イベント宣伝蛮行録
第23章 ヘラルド・エースの始動と『ナポレオン』
第24章 『ランボー』とシルヴェスター・スタローン
第25章 『幻魔大戦』『東京裁判』――東宝東和の日本映画たち
第26章 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』と、有楽町マリオンのオープン
第27章 『アマデウス』と松竹富士
第28章 『ネバーエンディング・ストーリー』と『西太后』
第29章 『乱』。壮絶な大作の舞台裏で……。
第30章 「冬の時代」の到来
第31章 『ラストエンペラー』”アドはPull”、パブは”Push”
第32章 『レッドブル』『トータル・リコール』と、アーノルド・シュワルツェネッガー
第33章 『ニュー・シネマ・パラダイス』ミニシアター・ブームの頂点を極めたヒット作。
第34章 『恋人たちの予感』と『セックスと嘘とビデオテープ』キーワードは”セックス”
第35章 『フィールド・オブ・ドリームス』。原点回帰と起死回生
第36章 『恋のゆくえ』で全国デビューを果たしたギャガ・コミュニケーションズ
第37章 東和宣伝の集大成『ターミネーター2』
第38章 『ハートブルー』がヒットしなかった理由
エンドロール 特別篇のためのあとがき

このページのトップへ