ホーム > 世界ファンタスティック映画狂時代

世界ファンタスティック映画狂時代  新刊

世界ファンタスティック映画狂時代

アヴォリアッツ、シチェス、ファンタスポルト…世界のファンタスティック映画祭を歩き続ける暴力作家・友成純一の最狂映画エッセイ!

著者 友成 純一
ジャンル 映画秘宝
単行本
シリーズ エンターテイメント
出版年月日 2017/06/05
ISBN 9784800312570
判型・ページ数 A5・288ページ
定価 本体2,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

奇妙な映画は足で観る!
アヴォリアッツ、シチェス、ファンタスポルト……
世界のファンタスティック映画祭を歩き続ける
暴力作家・友成純一の最狂映画エッセイ!!

【第1章】東京ファンタからアヴォリアッツへ
■1985年 東京ファンタスティック映画祭
■1991~92年 アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭
ロメロの『クリープショー』/クローネンバーグの『デッド・ゾーン』/
リュック・ベッソン『最後の戦い』/
ついに観た、ホドロフスキーの未公開作/
幻の逸品『シンガポール・スリング』……

【第2章】BC級映画の殿堂 シチェス映画祭・前篇
■1991~93年 シチェス・ファンタスティック映画祭
東ドイツの社会状況を反映した“人肉食い映画”『ドイツチェーンソー 大量虐殺』/
ピーター・ジャクソン『ブレインデッド』/
審査員は『ZOMBIO 死霊のしたたり』のスチュアート・ゴードン/
クエンティン・タランティーノとトビー・フーパーを直撃……

【第3章】メジャー化しても変わらぬ魂 シチェス映画祭・後篇
■1994年、98年 シチェス・ファンタスティック映画祭

日常の風景がファンタジイに変わるシュヴァンクマイエルの世界/
ほら吹き野郎ホドロフスキーの素晴らしき世界/エド・ウッド~サイテー映画伝説/
結果論のデイヴィッド・リンチ/連続殺人なんてたいしたことないね/
マリアッチは世界の中心で愛を叫ぶ/観客に勇気を与えるメキシコのプロレス映画

【第4章】奇妙な男たちの伝説 ファンタスポルト
■1997年 ポルト国際ファンタスティック映画祭

しまった、ピージャクにだまされた!『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』/
ブライアン・ユズナはいい人だ/『RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3』の撮影現場へ/
イワン・カルドソに、失われてしまった映画の可能性を見る/
コフィン・ジョーの奇妙な世界……

【第5章】ファンタで出会った凄い人たち
■ユルグ・ブットゲライト
『ネクロマンティック 特別編』に何が起きたんだ!?
■オラフ・イッテンバッハ
『ゾンヴァイア/死霊大血戦』にイッテンバッハのしたたかさを見る
■カーティス・ハリントン
コーマン工房で完成した『スペース・ヴァンパイアQ』
■セカ
セックスが大好き、演技には興味なし

【第1章】東京ファンタからアヴォリアッツへ
■1985年 東京ファンタスティック映画祭
ジョージ・A・ロメロ、デイヴィッド・クローネンバーグ、
リュック・ベッソン、サム・ライミ……
■1991~92年 アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭
アレハンドロ・ホドロフスキー……

【第2章】
BC級映画の殿堂 シチェス映画祭・前篇
■1991~93年 シチェス・ファンタスティック映画祭
ピーター・ジャクソン、スチュアート・ゴードン、
クエンティン・タランティーノ、トビー・フーパー、ブルース・キャン、
ウィリアム・キャッスル、ブライアン・シンガー、ジョン・ウー……

【第3章】
メジャー化しても変わらぬ魂 シチェス映画祭・後篇
■1994年、98年 シチェス・ファンタスティック映画祭
ヤン・シュヴァンクマイエル、アレハンドロ・ホドロフスキー、
エド・ウッド、デイヴィッド・リンチ……

【第4章】
奇妙な男たちの伝説 ファンタスポルト
■1997年 ポルト国際ファンタスティック映画祭
ピーター・ジャクソン、ブライアン・ユズナ、
イワン・カルドソ、コフィン・ジョー……

【第5章】
ファンタで出会った凄い人たち
■ユルグ・ブットゲライト、オラフ・イッテンバッハ、
カーティス・ハリントン、セカ

このページのトップへ