ホーム > 登山の科学

登山の科学

登山の体力、山での遭難、天気図や地図の読み方、登山に必要な道具や使い方…… 山のプロが教える、山を安全に楽しむ技術

ジャンル ムック
シリーズ 趣味・実用
スポーツ
出版年月日 2017/05/31
ISBN 9784800312358
判型・ページ数 A4変・112ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

登山は危険が潜んでいるスポーツだが、
きちんとリスクを避けた計画を立て、
いざというときの行動を想定しておけば、危険は最小限に抑えられる。

しかし登りたい山を優先するあまり、無謀な登山計画を立て、
計画段階ですでに遭難しているケースも少なくない。

本書では、体力や遭難、天気図や地図の読み方、
登山に必要な道具や使い方を、それぞれの分野のエキスパートが紹介している。

本書の目的は、登山で最高の体験をしてもらうこと。
そしてそのために、自分たちで危険を排除できるようになっていただくこと。
本書がみなさんの喜びを倍増させる手助けになれば幸いである

【PART1】山でバテない歩き方
 登山に必要な体力とは
 登山の疲労の原因は3つ
 登山のエネルギー源
 体力の回復にかかる時間
 効率的なエネルギーの補給
 水分の補給は発汗量から想定する
 自分でできる体力測定法① 持久力
 自分でできる体力測定法② 筋力
 ウォーキング前の5つのストレッチ
 筋トレウォーキング
 応用編①坂道ウォーキング
 応用編②水中ウォーキング
 自宅でできる筋トレウォーキング

【PART2】遭難しないための予防と対策
 遭難事故が年々増加している!
 最大の遭難原因は滑落
 単独登山は避けて複数で行動する
 無理な計画が遭難を招く
 登山計画書の提出と行程中の行動チャート
 遭難時の行動が命運を分ける
 知っておきたい遭難レスキューQ&A

【PART3】登山者のための気象の科学
 天気図の見方のキホン
 天気図から風を読み取る
 山と平地の天気の違い
 高気圧や低気圧って何?
 気象による遭難①低体温症
 気象による遭難②落雷
 気象による遭難③沢の増水・突風
 空を見て天気を予測する「観天望気」
 天気予報を活用して気象遭難を未然に防ぐ

【PART4】地図ぎらいのための読図入門
 地図の読み方、はじめの一歩
 地図を使い分ける
 コンパスの使い方
 等高線はここを読む
 地図を使ったナビゲーション
 迷いやすい場所と対策
 高度計やGPS、スマホを活用する

【PART5】さらに役立つ登山の知識
 今やヘルメットは必需品
 すぐに役立つロープワーク
 覚えておきたいロープワーク①
 覚えておきたいロープワーク②
 覚えておきたいロープワーク③
 ロープと合わせて使う登山用具
 山の危険生物①害虫
 山の危険生物②動物
 山岳保険の種類と選び方

このページのトップへ