ホーム > 棋士とAIはどう戦ってきたか

棋士とAIはどう戦ってきたか  新刊

棋士とAIはどう戦ってきたか

人間とコンピュータ将棋・囲碁の対戦の歴史をを 棋士・AI開発者それぞれの視点で追うドキュメント!

著者 松本 博文
ジャンル 新書 > 新書y
シリーズ 趣味・実用
出版年月日 2017/05/06
ISBN 9784800311719
判型・ページ数 新書・256ページ
定価 本体900円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

棋士とコンピュータとの戦いは、人類とAIの未来を暗示している!?
2017年4月1日、現役タイトル保持者が、
はじめてコンピュータ将棋ソフトに敗れた。
AI(人工知能)が、ついに人間の王者を上回ったのだ。
それは予想だにしない奇跡だったのか、それとも必然だったのか?
コンピュータ将棋の開発が始まってから40年あまり、
当初、「人間に勝てるはずがない」ともいわれたコンピュータ将棋は、
驚異的な進化を遂げて、いま、人間の前に立ちはだかる。
この間、棋士は、そしてソフト開発者は何を考え、何をめざしてきたのか?
そして、人間とAIは、どのような関係へと向かうのか?
将棋界の最前線を十数年取材してきた将棋記者の、渾身のルポルタージュ!

はじめに――人間vs人間、人間vsコンピュータ

第一章 神が創りたもうたゲームの系譜
 
(一)囲碁・将棋の歴史を振り返る 
(二)幕を開けた人間と機械の戦い   
第二章 電王戦前夜――人間vsコンピュータの始まり
(一)コンピュータ将棋の黎明期   
(二)人間を凌駕するコンピュータ  
(三)人智を超えた〝学習する〟将棋ソフト   
第三章 AIが人間を超えた日
(一)女流トッププロvsコンピュータ連合軍 
(二)第一回電王戦 
(三)第二回電王戦  
(四)第三回電王戦  
第四章 苦闘――棋士の葛藤と矜持
(一)電王戦FINAL
(二)FINAL最終戦に見た両者の信念
第五章 棋士とAIの未来
(一)新たにスタートした第一期電王戦
(二)第二期電王戦
(三)AIとの苦闘が残すもの
おわりに

このページのトップへ