ホーム > 発達が気になる子どもの育て方

発達が気になる子どもの育て方

「うちの子は、発達障害なの?」と思ったらどうすればいい? 赤ちゃん期から思春期まで その子の凸凹に合ったアプローチが見つかる

ジャンル ムック
シリーズ 趣味・実用
人文・社会・教育
出版年月日 2017/04/27
ISBN 9784800312174
判型・ページ数 A4変・96ページ
定価 本体1,200円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

「うちの子、発達障害なの?」と思ったらどうすればいい?

発達障害(ADHD・ASD・LD)の基礎知識、
日常生活での困りごとや心配ごとへの対処・サポート法、
気になる療育のこと、受けられるサポートなどを、
各専門家がわかりやすく、丁寧に紹介します。


◯監修者について
榊原洋一先生(お茶の水女子大学名誉教授・小児科医)
山﨑順子さん(東京都発達障害者支援センター《TOSCA》 センター長)、
宮尾益知先生(どんぐり発達クリニック院長)、
本多和子先生(小児神経学クリニック臨床心理士) ほか

その「育てづらさ」は発達の凸凹が原因かも?

PART1
発達に凸凹があるってどういうこと?
「発達障害」を知ろう

PART2
相談から診断・就労まで
知っておきたいサポートQ&A

PART3
日常生活に取り入れたい
困りごとへのアプローチ法
(生活習慣・お手伝い・目の運動・ペアレントトレーニング ほか)

PART4
自立をサポートする治療と教育
“療育”ってどんなことをするの?

・interview わが家はこうしました 先輩ママの体験談
・発達障害支援グループ『UnBalance』スタッフ本音対談 親の会のすすめ
・ラクラク子育てを実現!楽々かあさんからアイデア・グッズのおすそ分け
・モンズースーのわたしたち、発達凸凹親子です  ほか

このページのトップへ