ホーム > ゴールこそ、すべて

ゴールこそ、すべて  新刊

ゴールこそ、すべて

90年イタリアW杯得点王サルヴァトーレ・スキラッチ。彼はいかにしてW杯で得点王となったのか―その波乱の半生を綴った初の自伝!

著者 サルヴァトーレ・スキラッチ
利根川 昌子
ジャンル 単行本
シリーズ ノンフィクション
スポーツ
出版年月日 2017/03/13
ISBN 9784800312006
判型・ページ数 4-6・328ページ
定価 本体1,600円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

90年イタリアW杯得点王にして、Jリーグ・ジュビロ磐田でもプレーした、
シチリア島が生んだ、〝ナチュラル・ボーン・ストライカー〟スキラッチ。
戦術という檻を無視し、本能のままにプレーし、得点を重ねてきたスキラッチ
――その波乱の半生を赤裸々に語った、初の自伝。
本国イタリアでも話題沸騰の自伝が、日本初上陸!

プロローグ――「俺はマフィアじゃない」
絶望や犯罪に溺れないための浮き輪
「1万リラ」の賭けの代償
本物のゴールマウスに決めた、初めてのゴール
命の危険から、またもやサッカーが俺を救ってくれた
シチリア州代表と「ビチクレッタ」
「おめえの幸運は、何か知ってるか? ボロ雑巾」
初めての体験――そして、プロへの第一歩
たった7分で終わったプリマヴェーラ時代
メッシーナでの初ゴール
350万リラの報酬
「トト、お前はイタリア代表に選ばれたぞ!」
非情なる召集令状
白昼の惨劇
18年ぶりのセリエB復帰
初めての深刻な怪我
新たな生命
「トト、ユベントスに行きたいか?」
「私は君のプレーを見て、君の血のなかにゴールがあることを知った」
「ユベントスでプレーしていると思うんじゃない。ここはメッシーナだと思ってプレーするんだ」
「え……………? 俺がイタリア代表なんて!」
「俺はワールドカップに出なくちゃいけねえんだ!
24年6ヵ月と7日の間、ずっと温め続けてきた夢
「アップしろ」「ミステル、それって俺に言ってるんですか?」
熱狂と失望の狭間で――
ワールドカップでの「5000リラ」の賭け
「一見風采のあがらぬ、猪首短躯のその男は――」
「俺たちにはひとりのシチリアーノがいる。そいつはペレよりサッカーがうまい」
人魚たちの甘い誘惑
ナポリのマラドーナとシチリアのスキラッチ
「お前が蹴れ。ゴールを決めて、得点王になるんだ」
ついに、ワールドカップ得点王に!
ユベントスにやってきた新たな破壊者――ジジ・マイフレディ
シーズンの終了とふたつの愛の終わり
「スキラッチ、シチリアーノ、マフィア!」
ケガとベンチの日々……そして、日本からのオファー
イタリアから、日出づる国へ
パレルモで引退できるなら、無報酬でもかまわない
「トト、なんでお前も立候補しないんだ?」――サッカーから政治の世界へ
エピローグ
親愛なる日本の皆さまへ
訳者あとがき

このページのトップへ