ホーム > スタートアップ大国イスラエルの秘密

スタートアップ大国イスラエルの秘密

なぜ中東の小国は “第二のシリコンバレー”となったのか?

著者 加藤 清司
ジャンル 単行本
シリーズ ビジネス
出版年月日 2017/01/27
ISBN 9784800311443
判型・ページ数 4-6・200ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

「起業家精神が国民に浸透していて、テクノロジー投資が盛ん。
イスラエルは、国全体がシリコンバレーのよう」
――――――――堀江貴文(実業家)

グーグル、アップル、マイクロソフト、インテル、
フェイスブックといった名だたるグローバル企業が次々と
進出して研究開発拠点を開設しているイスラエル。
人口800万人という小国ながら約6000のスタートアップ企業があり、
国民1人あたりのベンチャー投資額が世界一の
「スタートアップ国家」として世界に知られている。
小国ながら、なぜイスラエルはこれほど多くの
スタートアップを生み出すことに成功しているのか? 
10年前よりイスラエルのスタートアップ企業の調査事業を始め、
日本企業の進出やイスラエル企業とのアライアンス支援に
携わってきた著者が、「発明大国」「起業先進国」
イスラエルのスタートアップの実態を解説。
エコシステムから人材力、日本企業がイスラエルの
スタートアップと連携するためのノウハウまで、
日本で知られていないイノベーション大国
イスラエルの実態を解説した1冊。

◆はじめに
スタートアップへの投資額は人口比で世界一
グローバル企業のR&D拠点がイスラエルに群雄割拠
シリコンバレーに拠点がある企業がイスラエルに進出する理由

◆第1章 イノベーション大国イスラエルのエコシステム
「中東のシリコンバレー」前史
私とイスラエル
世界有数のスタートアップのエコシステム
国を支えるイノベーション人材の生まれ方
グローバル企業が拠点を置く理由
「失敗」した起業家はどこに行くのか
日本の30倍の金額を集めるベンチャー投資
世界のお金が集まるイスラエル
イスラエルのベンチャーキャピタル事情
投資家にしっかりお金が戻る「イグジット」の仕組み
イスラエルのスタートアップをグローバル企業が欲しがる理由
スタートアップが次々と誕生する理由

◆第2章 「ゼロ」から「イチ」をつくるイスラエル起業家たち
「ゼロ」から「イチ」を生み出すイスラエル人の発想力
アモン・シャシュア 世界シェア80%の運転支援システムを開
ジューディア・パール AI研究で革新的な功績を残す
アンディ・ガトマンズ、ゼーブ・スラスキー ウェブ開発の定番となったプログラミング言語を開発
ギル・シュエッド、マリウス・ナハト 画期的なセキュリティシステムを開発
ガブリエル・イダン カプセル型内視鏡を考案した元ミサイル開発者
ヤニ・ゴールドフィンガー 国防から着想を得た元祖メッセージアプリ
イスラエル起業家の発想力の三つの特徴
イスラエルのスタートアップは「多産多死」
イスラエルを代表するシリアルアントレプレナー3人
シリアルアントレプレナーのエコシステムへの貢献

◆第3章 世界が注目するイスラエルのスタートアップ企業
続々とスタートアップが登場する《自動運転関連》
国内に300社がひしめく《セキュリティ関連》
長寿大国を支える《ヘルスケア関連》
砂漠の国ゆえに発展した《水技術》
食料自給率90 %を支える《農業技術》
ハイテク国家が得意とする《データ解析分野》
なぜ次々と個性的なスタートアップが生まれるのか
良質なスタートアップを見極めるポイント

◆第4章 イスラエルで活動するグローバル企業
グローバル企業がイスラエルに拠点を置く理由
40年で加速した研究・開発の「スピード」
イスラエル進出のグローバル企業の先駆インテル
拠点を次々に設けている後発のアップル
独自戦略でイスラエルでの認知度を高めるサムスン
イスラエル政府と戦略的協力を進めるグーグル
90社以上のスタートアップを支援するマイクロソフト
M&Aからアクセラレータにトレンドが変わった
「いいとこ取り」のアクセラレータの急速な台頭
インテルもアクセラレータ・プログラムを開始
グローバル企業のアクセラレータの実態
オープンイノベーションが競争力を生む
スタートアップの祭典DLD
世界中のグローバル企業が進出ラッシュ

◆第5章 イスラエルと連携をはじめた日系企業
画一的な日本、多様なイスラエル
イスラエルとの連携は3周遅れの日本
トヨタの子会社、村田製作所、武田薬品工業が進出
日本―イスラエル間のビジネスにおける二つの課題
能力は高いが決断するスピードが遅い日本の組織
時間感覚が違う日本人とイスラエル人
意志決定の速い経営者は成功している
イスラエルビジネスの潜在的な可能性
第一歩は現地に訪れること

◆第6章 イスラエル企業とのビジネスのはじめ方
イスラエルビジネスの課題
日本企業がイスラエルで成功するためのポイント
スタートアップが持つ技術の見極め方
「質問力」と「人の評判」と「現地目線」
ヘブライ語を話せる人材は必要か
イスラエルに現地拠点をつくるときのポイント

◆第7章 イスラエルから世界へ
イスラエル発で世界展開する企業たち
イスラエル企業が世界展開できる理由
イスラエルの頭脳を活用しはじめた日本の起業家①
イスラエルの頭脳を活用しはじめた日本の起業家②
イスラエルのスタートアップと同じ土俵で話さない
日本―イスラエル間ではじまった新たな取り組み

◆終章 日本が発明大国イスラエルの頭脳を活かす道
イスラエル人は誰もがセールスマン
会社員であっても起業家精神を持つ
イスラエルへ行けないなら、イスラエル人を呼んでしまえ
シリコンバレーに行ってダメならイスラエルへ
日系企業は現地にイノベーションのハブを
イノベーターのイスラエルと日本が融合

このページのトップへ