ホーム > エンサイクロペディア夏目漱石

エンサイクロペディア夏目漱石

エンサイクロペディア夏目漱石

読むほどに漱石文学が面白くなる漱石読本

著者 洋泉社編集部
ジャンル 単行本
シリーズ 趣味・実用
人文・社会・教育
出版年月日 2016/04/27
ISBN 9784800309488
判型・ページ数 A5・176ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入 ⇒   転職テスト:転職者用SPI2攻略問題集ピをアマゾンで購入

大政奉還の年に江戸郊外で生まれ、
日清・日露戦争という2つの戦争を経験し、
明治の終焉を見届けて去った夏目漱石。
文豪として名高い漱石は生前、いかなるものを好んで食べ、
どのような金銭感覚を持っていたのか。
そのような漱石を妻はどう見ていたのか。
そこからは日本の近代と対峙した興味深い人間像が浮かび上がる。
夏目漱石は没後100年、生誕150年のいまだからこそよくわかる!面白い!! 
漱石文学の現代性を残された作品、書簡、書評、伝記から読み解く!

■旅する漱石
・松山
・熊本
・パリ
・ロンドン
・京都

■漱石の芸術世界 

■特別寄稿 漱石百年目 
――みえない大学本舗 浅羽通明

■漱石クロニクル 
二十世紀と出会った明治の男

■漱石から読み解く「明治のグルメ」 

■漱石文学は「金策小説」である! 
――漱石と作中人物たちの金銭感覚

■同時代批評で読む「漱石作品」

■妻の目から見た「人間・漱石」

■登場人物モデルWho’s Who?
――漱石作品に命を与えた人々

■漱石と歩く、帝都東京 
・『三四郎』と東大界隈
・『それから』と上野・谷中界隈
・『こころ』と本郷・小石川界隈
・『彼岸過迄』『門』と神田界隈

このページのトップへ