ホーム > 新書版 いっきにわかる!定年前後のお金の本

新書版 いっきにわかる!定年前後のお金の本

知らないと損をする!定年前後に必須となる年金・保険・税金の手続きと大増税時代&年金減額を乗り切るためのマネープラン最新ガイド

著者 洋泉社編集部
ジャンル 新書 > 新書y
シリーズ 趣味・実用
出版年月日 2016/03/04
ISBN 9784800308726
判型・ページ数 新書・256ページ
定価 本体900円+税
  • 内容紹介
  • 目次

 

amazonで購入⇒  

年金減額、介護・医療費の負担増、消費税増税、マイナス金利……
「本当に年金だけで生活できる?」と不安なあなたへ

定年退職を迎えるにあたり、今までは会社がやってくれていた「年金」
「保険」「税金」などの手続きは、これからはすべて自分で行うことになります。
ただし、これらの手続きは、選び方次第で損してしまうことも。
本書では、手続きの基本の「き」から、知らないと損するお金の手続きまで
わかりやすく解説しています。さらに、定年後に必要となるお金を試算し、
不足分を補う手段、安全・堅実な資金運用法、生命保険の選び方まで、
「定年前後のお金」の知りたいことがすべてわかります。


著者紹介
須田美貴(すだ・みき)

特定社会保険労務士、産業カウンセラー。社会保険労務士として活動する傍ら、
年金や労働についての講演、セミナーを行っている。
著書に『しつもん!労務トラブル50』(中央経済社)などがある。

青山国弘(あおやま・くにひろ)
税理士、経営革新等支援機関。2008年に新宿区四谷で独立開業。
主に中小企業の節税対策、業務の効率化の提案等企業活動全般を支援する業務を行っている。

田中元(たなか・はじめ)
介護福祉ジャーナリスト。中小企業等の経営専門誌の編集記者を経てフリーに。
平成8年から高齢者の介護や自立支援をテーマとした分野の取材・執筆活動を行う。
近著に『2015年施行版 改正介護保険早わかり』(自由国民社)がある。

中川健司(なかがわ・けんじ)
エフピーコンシャス有限会社代表取締役。NPO法人日本FP協会会員。
個人のライフプラン・住宅購入・保険の見直し・資産運用などに関する相談業務を行っている。

定年前後のスケジュール&必要書類チェックリスト

第1章 定年前後の手続きの基本
働き方で変わる年金と給付金
年金をもらうための手続きを知っておこう
「ねんきん定期便」の見方を知っておこう
「ねんきんネット」で自分の年金額を確認する
年金請求書の提出から年金証書が届くまで
年金受給後も、さまざまな手続きがある
退職後の健康保険は自分で選ぶ
健康保険の加入手続きの方法を知ろう
定年後、再就職までの間、失業保険をもらう
再就職で給料が下がると給付金が出ることも
退職金の税金、退職後の住民税の手続き
介護保険を利用するための基本的な手続き
介護保険サービスの選び方と使い方
介護保険サービスにかかる「お金」の話

第2章 あなたがもらえる年金額はいくら?
あなたがもらえる年金額 男性編
あなたがもらえる年金額 女性編
ケース1 再雇用制度でバリバリ働く
ケース2 失業保険を受け取り、年金カットなしで働く
ケース3 定年後は自由な時間をゆっくり過ごしたい
【 コラム 】 マイナンバーの対応はどうなっている?

第3章 定年前後のお金お得手続き
配偶者が年下なら年金“扶養手当”
企業年金の請求を忘れない!
3種類ある「遺族年金」。条件により上乗せがある
再就職したら、年金支給額が減らされる!?
未納期間があって年金を満額受け取れないときは?
貯金が心もとないので60歳から年金をもらいたい
国民年金だけでは心配…何か方法はないの?
国民年金の保険料を安くする方法はないの?
離婚した場合、年金はどうなるの?
重度の障害なら年額約97万円が支給
医療費が高額の場合、一定額が支給される
病気で働けなくても給与の一部がもらえる
再就職や起業でお祝い金がもらえる
就職活動中に病気になったら手当金が出る
退職後の確定申告の対象者と手続き
確定申告を行うことで還付を受けられることも
課税対象となる一時所得が入ったときの対処
手続きに関する書類一覧
第4章 定年後のマネー&ライフプラン
我が家の資産と借金の現状を把握する
定年後の毎月の必要額を試算する
定年後に足りないお金をはっきりさせる
老後資金の不足分をどうするか考える
自宅を担保に毎月お金を受け取る
「ふるさと納税」で節税、さらに記念品をもらう
定年後、投資をするか、しないかを考える
インフレ・デフレで資産の価値は変わる
知っておくべき投資の基本の「き」
元本保証で安心感「預貯金」
預金でも元本保証なし「外貨預金」
資産運用の代表格「株式投資」
プロが運用してくれる「投資信託」
上場する投資信託「ETF」と「ETN」
不動産の投資信託「REIT」
国や企業にお金を貸す「債券」
定年前に一度は生命保険を把握する
定年後の生命保険を考える
「高額療養費制度」で生命保険は不要?
個人年金保険は入ったほうがいいの?
保険の見直し実例① 子どもはすでに独立、定年前に保険料を減らしたい
保険の見直し実例② 満期になった医療保険は契約を更新すべきか?
保険の見直し実例③ 利率が1・5%なら保険で貯蓄ができる?
保険の見直し実例④ 独身の50代女性、老後に向けての生命保険

定年後のお金・保険困ったときのQ&A

このページのトップへ