ホーム > この業界・企業でこの採用テストが使われている!2017年度版

この業界・企業でこの採用テストが使われている!2017年度版

採用テスト対策のスタートは、本書がベスト! 人気企業2600社の詳細なテスト実績を掲載!

著者 SPIノートの会
ジャンル 単行本
シリーズ 就職・学参
出版年月日 2015/12/03
ISBN 9784800308214
判型・ページ数 A5・436ページ
定価 本体1,600円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

就活のスタートは、採用テスト対策から!
有力・人気企業2600社の詳細なテスト実績を掲載!
 志望する企業の使ったテストがわかります。

採用テストは年々進化しています。SPI とは違うテストが次々と登場し、
自宅受検型のWebテストやテストセンターも増えています。
多様化した採用テスト全部を対策することは至難の業です。
最も効果の高い対策法は「自分の受ける企業が使っている採用テスト
の対策をする」ことです。

昨年度(2016年度)、「広報活動」「選考活動」の解禁時期が変更されました。
その結果、広報開始(3月1日)以降の企業の動きが早まり、
テストの中心がWebテスト、テストセンターになるなどの
変化が起こっています。今年は、こうした動きに備え、
広報活動解禁までに万全の準備をすることが大事です!

本書の目玉は、以下の通りです。

[1]新卒採用で使われる「採用テスト」を紹介
世の中には多種多様な採用テストがあります。
「どれも同じようなもの」と思っているとしたら、大きな間違いです。
本書は、SPIを含む主要な採用テスト約70種を紹介。
テスト対策の第一歩は、採用テストを知ることからです。

[2]昨年度の採用テスト実施情報(有力・人気企業2600社)を掲載
採用テストには決まった傾向があります。
それは、「同じ業界や職種では、同じテストが使われる」
「企業は同じテストを何年も使い続ける」です。
つまり「志望業界、企業、職種でどのテストを使っているのか?」を調べ、
そのテストの対策をすれば、最短の時間で最大の効果が得られるのです。
※2017年度版では、テストの種類別実施数のベスト5、
新日程での採用テスト動向の変化など、最新のテスト実施傾向も詳しく解説!
本書だけの貴重な情報です。

[3]今年度の夏インターンシップの「(秘)使用テスト」速報(46社)を掲載
インターンシップの参加希望者が多い企業では、参加者を絞り込む目的で、
採用テストを実施することがあります。
今年度(2017年度)の夏インターンシップで、
テストを実施した企業の情報をいち早く掲載!
 冬休み、春休みにインターンシップ参加を考える人には必見の情報です。

[4]経団連「新日程」の動きと対策がわかる
昨年度の新卒採用から、Webテストやペーパーテストの解禁時期が変わりました。
本書は、昨年度の有力・人気企業がどの時期にどう動いたかを紹介。
それを踏まえて、今年度はどう対処すべきかを解説します。

[5]SPIとSHL社のテストはシリーズの体系を解説
日本で最も使われているSPIとシェア2番手のSHL社のテストは、
シリーズの体系を解説。受検方式や、テストの種類による違いなどを解説し、
その後で各科目の問題を掲載します。

[6]能力テストの問題を豊富に掲載
言語や計数などの能力テスト対策をするときは、
実際に問題に取り組んでみることが大事です。
本書はSPIを筆頭に、能力テストの問題を豊富に掲載しています。
※2017年度版では、SCOA、TAPの能力テストを増問

[7]性格テストの考え方を解説
性格テストは「受検者がその企業の風土や職務内容にどの程度適しているか」
を客観的に診断するための検査です。本書では、性格テストの考え方や、
社会人として望ましい人物像を解説します。

◎イラスト入り巻頭カラー「60秒でわかる!採用テスト」を掲載!
◎本書掲載の主要「採用テスト」:SPI(テストセンター、WEBテスティング、ペーパーテスト)、
ENG、SHL社のテスト(CAB、Web-CAB、GAB、IMAGES、玉手箱)、
TG-WEB、SCOA、TAP、CUBIC、DATA-α、
HCi-ab、HCi-AS、事務処理テスト(SPI-R、SPI-N、OAB)、
内田クレペリンほか

第1部
最も効果の高い「採用テスト」対策とは?

第2部
主要採用テスト15種 問題例と解説

第3部
一般職志望者必須の「事務処理テスト」

第4部
有力「採用テスト」一覧

第5部
有力・人気企業2600社の「マル秘使用テスト速報」

このページのトップへ