ホーム > 真田幸村大坂の陣秘録

真田幸村大坂の陣秘録

真田幸村大坂の陣秘録

甲州流築城術、密集一丸突撃、影武者陽動戦――。 小が大を飲む真田軍法の極意! 歴史小説の大家が物語と史学の間合いを一刀両断!

著者 津本 陽
ジャンル 単行本
シリーズ ノンフィクション
歴史
出版年月日 2015/11/16
ISBN 9784800307743
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,400円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』で、
その生きざまに新たなスポットがあたる真田幸村。
本書では歴史小説の大家である津本陽氏が、
最新の歴史研究の成果をふまえて小説エッセーとでもいうべきスタイルで、
人気武将の大阪入城からその死までを活写する。

真田丸を始めとする大坂の陣における
幸村の戦略・戦術はいかにして生まれたのか。
素破・乱破を駆使し、小が大を飲む真田戦法の極意、
そのルーツをひも解くとともに
戦国最終戦争で男たちが何を夢見たのかを描きだす。

第一章 幸村の大坂入城
第二章 九度山送り
第三章 昌幸の死
第四章 戦雲つのる
第五章 方広寺鐘銘事件
第六章 大坂城五人衆
第七章 真田丸
第八章 攻 防
第九章 つかの間の平穏
第十章 再 戦
第十一章 大坂夏の陣
第十二章 日本一の兵

このページのトップへ