ホーム > 歴史REAL神社に秘められた日本史の謎

歴史REAL神社に秘められた日本史の謎

日本各地に鎮座する謎を秘めた古社。その歴史をひもとけば、日本の原風景が見えてくる!神社から日本の歴史をたどる1冊!

ジャンル ムック
シリーズ 歴史 > 歴史REAL
出版年月日 2015/11/05
ISBN 9784800307866
判型・ページ数 A4変・128ページ
定価 本体900円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

神社の創建、神々、祭祀がわかると日本の歴史が見えてくる!

◆全国の有名神社から読み解く古代日本の姿とは?
◆皇祖神、神仏混合…。神社の歴史に秘められた謎を解き明かす
◆古代豪族から近代の軍人まで。歴史上の人物を祀った神社はなぜ生まれた?
◆八幡、稲荷、伊勢…。代表的な信仰はどのように広まった?

<グラビア>
一度は参りたい 神々が座す絶景の神社
神々を迎える神社の祭祀

<セミナー> 
【基礎】と【歴史】がわかる神社にまつわる常識・疑問

神社のルーツとは?/神社の格式は?/なにを祀っているのか?/建物の構造は?
参拝の方法は?/神職とはどんなひと?/仏教との関係は? ほか

PART1 「日本」誕生の鍵を握る神社  

伊佐須美神社(福島県) ヤマト政権の勢力範囲の北限を指し示す四道将軍の足跡
鹿島神宮(茨城県)   八世紀の朝廷による東国進出をうかがわせる創祀伝承の変遷
諏訪大社(長野県)   出雲から下った主祭神と土着神の後裔とされる神職との関係
富士山本宮浅間大社(静岡県) 社地・祭神の変遷から読み解く日本一の霊峰への畏敬と信仰
熱田神宮(愛知県)   尾張氏の系譜に秘められた「草薙剣」奉斎をめぐる謎
伊勢神宮(三重県)   神宮成立の謎にかかわる古代天皇家による篤い信仰
氣比神宮(福井県)   大陸・半島への玄関口として朝廷との深い関係を築く
日吉大社(滋賀県)   都の鬼門を守護する役目を担った比叡山の鎮守神
籠神社(京都府)    現存最古の系図が伝えるもうひとつの「天孫降臨」神話
上賀茂・下鴨神社(京都府) 『山背国風土記』に記された葵祭の知られざる起源
北野天満宮(京都府) 平安の才人・菅原道真はどのように神になったのか
伏見稲荷大社(京都府) 稲荷社の全国への伝播と渡来系氏族・秦氏の関係
春日大社(奈良県)   創建以前から祀られた磐座が語りかける古代豪族の足跡
大神神社(奈良県)   古代天皇家をたびたび悩ませた大物主神が宿る聖なる山
住吉大社(大阪府)   遣唐使をはじめ、航海に出る人びとを守護した神の正体
熊野本宮大社(和歌山県) 神武東征にも登場する死と再生を司る聖地
日前神宮・国懸神宮(和歌山県) 伊勢神宮と一対の御神体をもつ知られざる古社
出雲大社(島根県)   ヤマト政権にとって最大級に別格とされた理由とは
宗像大社(福岡県)   古墳時代の祭祀遺跡がそのまま残る玄界灘の孤島
宇佐神宮(大分県)   その託宣が朝廷をも動かした祭神・八幡大神とは何者か

PART2 神社のなりたちと信仰に潜む謎

なぜ、皇祖神・天照大神は唯一の太陽神ではないのか?
なぜ、渡来系の神を祀る神社が各地に点在しているのか?
なぜ、神社にお寺が併設され、祭祀を仕切るようになったのか?
なぜ、全国に広がる八幡信仰のルーツが九州にあるのか?
なぜ、熊野神は出雲から紀伊にやって来たと伝えられるのか?
なぜ、明治新政府は神仏分離令を推し進めたのか?
なぜ、皇居に皇室祭祀を司る神社が設けられているのか?

PART3 日本史の英雄ゆかりの神社

◎古代豪族をゆかりの神社
◎伝説の人物を祀る神社
◎怨霊を祀る神社
◎戦国武将を祀る神社
◎天皇・皇族を祀る神社
◎南朝の英傑を祀る神社
◎幕末の志士を祀る神社
◎軍人を祀る神社

<特別研究>
八百万の信仰と神々
八幡信仰、伊勢信仰、稲荷信仰、熊野信仰、諏訪信仰、白山信仰
日吉信仰、春日信仰、浅間信仰、天神信仰、祇園信仰、氷川信仰

<コラム>
お城にはなぜ神社があるのか?
江戸時代の参詣神社ベスト5
海外に建てられた日本の神社

<歴史最新スクープ!>
全容が見えはじめた国内最大の航空魚雷試験場
国民的作家・山崎豊子の大戦末期の日記が発見!

このページのトップへ