ホーム > スマートマシン 機械が考える時代

スマートマシン 機械が考える時代

人工知能、ロボット、ドローン、自動走行車……自律する機械は人間の仕事を奪うのか? IT史上最大の革命が世界を激変させる!

著者 林 雅之
ジャンル 単行本
シリーズ ビジネス
科学・理工
出版年月日 2015/10/22
ISBN 9784800307705
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,400円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

AI(人工知能)やロボット、ドローン、自動走行車など、
自己学習機能を備え、自律的に行動する電子機械“スマートマシン”。
こうしたスマートマシンの進化により、社会の利便性・生産性が向上する一方で、
人の仕事を奪い、大量の失業者を生み出す恐れもある。
今後30年で世界はどのように変化していのか?
“スマートマシンがもたらすビジネスの可能性”と
“人間とスマートマシンとの競争と共創”をデータとともに予測する。

はじめに

【第1章】スマートマシン革命の幕開け
●スマートマシンとは
●スマートマシンが現実的なものとなってきた背景
●AIとマシンが融合したスマートマシン
●スマートマシンの構造
●スマートマシンによる雇用へのインパクト
●進む労働者の置き換え
●深刻化する労働人口の減少
●労働力不足を補うロボットやAIの存在
●労働力不足をビジネスチャンスに

【第2章】人間と競争・共創する「学習するマシン」
●「学習するマシン」は人間の能力を超えるのか
●東大の入試にロボットが挑む
●医療分野で注目される「ワトソン」
●学習するマシンに力を入れる企業
●AIが生み出す新たなビジネス領域
●産官学で力を入れるAI研究
●政府が描くAIと人間の未来像
●社会的価値を生み出す「データ駆動型社会」
●2045年はAIが人類の能力を超える?

【第3章】次の産業革命の担い手となるロボットビジネス
●ロボット分野の市場規模
●ロボットビジネスの覇権と可能性
●ホテルやビジネスの現場で活躍するロボット
●人間とのコミュニケーションを図るロボットたち
●介護職員が不足する時代に求められるロボット
●人間に代わって危険な作業を行うロボット
●1分間に300台のナンバープレートを読み取る警備ロボット
●ロボットOSが市場成長をけん引する
●先端ロボット技術の社会実装へ
●日本政府の「ロボット新戦略」
●人間とロボットが共存するための規制・制度改革
●2025年、ロボットは生活の一部に
●2030年以降の未来社会

【第4章】ドローンがもたらす「空の産業革命」
●大きな市場と雇用を生み出すドローン
●注目のきっかけはアマゾンの「プライムエア」
●他分野におけるドローンの活用
●ドローン向けOSの覇権争い
●練習場提供や教育プログラム
●山積するドローン普及への課題
●政府のプライバシーや安全性への対応
●自律飛行型ドローンの世界
●ドローンの枠組みを超える未来の交通手段

【第5章】自動走行車がもたらす社会イノベーション
●「情報を蓄積する自動車」と「情報を提供する自動車」
●「コネクテッドカー」の中核となる車載OSの覇権争い
●現実味を帯びてきた自動走行車
●自動走行車の普及に向けた政府の取り組み
●自動走行車で先行するIT企業
●既存自動車メーカーの動き
●自動走行車のメリットと課題
●完全自動走行車の実現が予想される2030年の自動車メーカー

【第6章】人間の機械化による身体機能の拡張
●人間の機械化による身体機能の拡張
●拡大するウェアラブル市場
●特定の分野での利用が想定されるメガネ型のウェアラブル
●市場拡大の鍵はリストウェア型のウェアラブル
●ストレスチェックができるウェアラブル
●機械が人間の身体機能を拡張する
●ウェアラブルを使った未来のスポーツ大会
●五感を刺激・拡張するテクノロジー
●人間の視覚情報の記録、仮想空間からリアルへ
●3DフードプリンターとAIが料理をつくる
●嗅覚を新たな誘導ツールに

おわりに

このページのトップへ