ホーム > 神社でたどる「江戸・東京」歴史散歩

神社でたどる「江戸・東京」歴史散歩

神社でたどる「江戸・東京」歴史散歩

神社は、巨大都市・東京の歴史を語る「生き証人」だ!

著者 戸部 民夫
ジャンル 新書 > 歴史新書
シリーズ 歴史 > 歴史新書
出版年月日 2015/10/05
ISBN 9784800307125
判型・ページ数 新書・208ページ
定価 本体990円+税
  • 内容紹介
  • 目次

 

amazonで購入⇒  

神社は、巨大都市・東京の歴史を語る「生き証人」だ!

古代創建から近代創建まで、全150社を参拝・取材!!

◎古代・武蔵国府の面影を現代に伝える【大國魂神社】
◎菅原道真の子孫が代々の神主を継承【谷保天満宮】
◎江戸藩邸内の神社が〝安産守護〟に【水天宮】
◎近代日本の経済人の〝守護神〟【兜神社】


戸部民夫(とべ・たみお)
1947年、群馬県生まれ。法政大学卒業。美術関係出版社勤務後、作家に。
主な著書に『「日本の神様」がよくわかる本』『ツキを呼ぶ「神社・仏閣」徹底ガイド』(いずれもPHP文庫)
『八百万の神々』『日本神話』『武器と防具 日本編』(いずれも新紀元社)、『日本神話の神々』(三修社)、
『神社のルーツ』(ソフトバンク新書)、『図解「武器」の日本史』(ベスト新書)、『全国一の宮紀行』(ワニ文庫)、
『戦国武将の守護神たち』(日本文芸社)、『神様になった動物たち』
『日本の「有名な神社」の起源がよくわかる本』(いずれも、だいわ文庫)、
『ありがたい神社の歩き方、神様の見つけ方』(芸術新聞社)、『日本の神社がよくわかる本』
(光文社 知恵の森文庫)、監修に『欲望ご利益神社』(KADOKAWA)などがある。


はじめに 

【第1章】神社で探る古代の江戸・東京
<テーマの深読み>多摩川流域の由緒ある社に残る古代の息吹

・古代のロマンを秘めるタケル伝説の神社
武蔵御嶽神社(青梅市)/妻恋神社(文京区)/鳥越神社(台東区)ほか
・武蔵国府の面影を伝える神社
大國魂神社(府中市)/小野神社(多摩市)/二宮神社(あきる野市)ほか
・古代東京の中心地だった? 豊島氏の居城跡
平塚神社(北区)
・古代東京の渡来人の面影──浅草神社と浅草寺縁起
浅草神社(台東区)/白鬚神社(墨田区)/虎狛神社(調布市)
・木綿製造のルーツと「調布」の地名由来
布多天神社(調布市)

<もっと知りたい東京の神社①>東京に延喜式内社はいくつある?

【第2章】「東国武士団」の面影を神社に訪ねる
<テーマの深読み>勇猛な坂東武士の台頭と発展

・道真の子孫が祀った東京最初の天満宮
谷保天満宮(国立市)
・関東の風雲児・将門の怨念がいまも
築土神社・神田神社(千代田区)/将門神社(西多摩郡奥多摩町)ほか
・小野篁と古代豪族小野氏の系譜
小野照崎神社(台東区)、小野神社(府中市・多摩市・町田市)
・桓武平氏の祖・平高望と子孫のつわものたち
阿豆佐味天神社(西多摩郡瑞穂町)/上宮大澤神社(小金井市)ほか
・東国の乱による不安を鎮めるために祀られた芝神明
芝大神宮(港区)
・武蔵七党の一つ横山氏と八王子の開発
八幡八雲神社(八王子市)/小野神社(多摩市)/日野宮神社(日野市)
・「渋谷」の地名由来と源氏の忠臣・金王丸
金王八幡宮(渋谷区)
・源氏にゆかりの社と戦勝祈願の八幡さま
牛天神北野神社(文京区)/品川神社(品川区)/ 箭幹八幡宮(町田市)ほか
・南北朝時代の抗争・対立と怨霊となった武将を祀る
新田神社(大田区)

<もっと知りたい東京の神社②>《東京の主な八幡宮と源氏ゆかりの神社一覧》

【第3章】戦国の混乱と江戸開発の幕開け
<テーマの深読み>江戸郷の開拓者と関東の中心・江戸城の築城者

・江戸郷の守り神として祀られた山王宮
日枝神社(千代田区)/喜多見氷川神社・大蔵氷川神社(世田谷区)
・豊島氏の盛衰と照姫の悲劇を伝える石神井城址
石神井氷川神社(練馬区)/志村熊野神社(板橋区)/王子神社(北区)
・江戸城の鬼門守護社と道灌の娘にまつわる伝説 
平河天満宮・太田姫稲荷神社(千代田区)/市谷亀岡八幡宮(新宿区)ほか

【第4章】徳川家康の都市計画と江戸の守り神
<テーマの深読み>江戸の町づくりの推進とともに祀られた神社 

・藤堂家屋敷地内に祀られた東照宮と上野の桜 
上野東照宮(台東区)
・庶民から産土神・氏神として崇められた江戸の総鎮守 
神田神社(千代田区)
・家康の命で京都の愛宕権現を勧請した江戸の防火の神 
愛宕神社(港区)
・徳川家康が摂津の漁民を招いて造った町・佃島 
住吉神社(中央区)
・江戸の町づくりの総仕上げとなった玉川上水と水神社 
玉川水神社(羽村市)

【第5章】徳川将軍にゆかりの神社
<テーマの深読み>将軍の鷹狩りの際に神社が休息所になった 

・二代将軍秀忠と正室・お江が崇敬した神社 
広尾稲荷神社(港区)/世継稲荷神社(千代田区)/吹上稲荷神社(文京区)ほか
・三代将軍家光と乳母の春日局にゆかりの神社 
穴八幡宮(新宿区)/出世稲荷神社(文京区)/雉子神社(品川区)ほか
・五代将軍綱吉と生母・桂昌院の「玉の輿」運にあやかる 
根津神社(文京区)/柳森神社(千代田区)/洲崎神社(江東区)ほか

【第6章】江戸庶民の信仰を集めた藩邸内の神社
<テーマの深読み>全国的に有名な地方の霊威神が大名屋敷に勧請された 

・妊婦が社殿の〝鈴の緒〟を腹帯としたら安産の加護あり
水天宮(中央区)
・名奉行として知られる大岡越前守が邸内に祀った守護神 
赤坂豊川稲荷(港区)
・讃岐の金毘羅様の分霊が、江戸城の裏鬼門に鎮座 
虎ノ門金刀比羅宮(港区)ほか
・『忠臣蔵』の「南部坂雪の別れ」の舞台 
赤坂氷川神社(港区)

<もっと知りたい東京の神社③>主な藩邸の神社 

【第7章】江戸の「名所・名物」「事件・物語」の舞台をめぐる
<テーマの深読み>江戸庶民の喜びと悲しみがこめられた神社 

・「王子のキツネ」伝説で親しまれた江戸名所 
王子稲荷神社・装束稲荷神社(北区)
・遊郭の艶めきと遊女たちの情念を秘める 
吉原神社(台東区)
・庶民の富士信仰でにぎわった江戸の「お富士さん」 
駒込富士神社(文京区)/江古田浅間神社(練馬区)/富士浅間神社(豊島区)ほか
・江戸っ子の切実な願いを受け止めた病気治しの神 
牛嶋神社(墨田区)/茶ノ木稲荷神社・稲荷鬼王神社(新宿区)ほか
・歌舞伎で人気を博した「四谷怪談」で有名なお岩さんを祀る 
於岩稲荷田宮神社(新宿区・中央区)
・豪商・盗賊・剣術家・?客ゆかりの小さな社 
紀文稲荷神社(江東区)/被官稲荷神社・甚内神社(台東区)ほか
・彰義隊最後の激戦「穴稲荷門の戦い」の舞台 
花園稲荷神社(台東区)

<もっと知りたい東京の神社④>都内七富士めぐり(江戸七富士) 

【第8章】江戸から東京へ――神社でたどる帝都の歴史
<テーマの深読み>人神が祀られる神社に刻まれた近代の面影 

・幕末維新の原動力となった英雄の面影 
松陰神社(世田谷区)
・明治維新の戊辰戦争などの殉難者を鎮魂 
靖國神社(千代田区)
・近代日本を支えた経済人たちの守護神 
兜神社(中央区)
・近代日本の礎を築いた明治天皇の遺徳をしのぶ 
明治神宮(渋谷区)
・明治天皇に殉死した英雄と日本海海戦の英雄を祀る 
乃木神社(港区)/東郷神社(渋谷区)

《主な参考文献》 
《高望流桓武平氏略系図・清和源氏略系図》

このページのトップへ