ホーム > 大坂の陣 秀頼七将の実像

大坂の陣 秀頼七将の実像

大坂の陣に散った、真田信繁、長宗我部盛親、毛利勝永、後藤基次、明石全登ら、 伝説に彩られた名将たちの実像を解き明かす! 

著者 三池 純正
ジャンル 新書 > 歴史新書
シリーズ 歴史 > 歴史新書
出版年月日 2015/10/05
ISBN 9784800307552
判型・ページ数 新書・224ページ
定価 本体900円+税
  • 内容紹介
  • 目次

 

amazonで購入⇒  

真田信繁、長宗我部盛親、毛利勝永、後藤基次、
明石全登、木村重成、大野治房―ー。
本書で登場する7人は、名前こそよく知られているものの、
その実像についてはあまり知られてはいない。
その活躍を有名にし、今日まで伝えてきたのは、
史書や古文書といった歴史の記録ではなく、
江戸~明治に書かれた実録ものや軍記ものであった。
そこで本書では、彼らがいかにして英雄になったのかを追いながら、
一方で、その実像を可能な限り明らかにしたい。(「序章」より)

序章 彼らはなぜ戦ったのか

第1章 秀頼七将の実像
真田信繁   敵方をも感動させた「日本一の兵」
長宗我部盛親 御家再興のため鉄壁の軍団を率いて入城
毛利勝永   家康本陣に突入したもう一人の猛将
後藤基次   家康に警戒され続けた多くの武功
明石全登   謎の生死が伝わるキリシタン武将
木村重成   秀頼一筋に奮戦した短い生涯
大野治房   大坂城内隋一の強硬派

第2章 再考! 大坂の陣と豊臣秀頼

あとがき 人生の重さを背負った男たち

このページのトップへ