ホーム > 自分で治す!副腎疲労

自分で治す!副腎疲労

日本初の「副腎疲労外来」を開業した医師が、 副腎疲労の原因と症状、腸のケアからはじめる 「副腎疲労」改善の方法を紹介。

著者 本間 良子
本間 龍介
ジャンル 単行本
シリーズ 趣味・実用
健康
出版年月日 2015/09/24
ISBN 9784800307606
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,400円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで注文⇒   公務員試験マル秘裏ワザ大全2011年度版をアマゾンで購入

疲れがとれず起きられない、
うつのような症状があるのに抗うつ剤がきかない、
記憶力や集中力が低下している―

ストレスにより副腎が疲労してしまうことで起こる「副腎疲労」。

その改善のカギは「小腸」にありました。

日本初の「副腎疲労外来」を開業した医師が、
副腎疲労の原因と症状、そして腸のケアからはじめる
「副腎疲労」改善の方法を、わかりやすく紹介します。

●著者について
本間良子(ほんま・りょうこ)
スクエアクリニック院長。医学博士。埼玉県出身。聖マリアンナ医科大学医学部
卒業後、同大学病院総合診療内科に入局。
米国抗加齢医学会フェロー、日本抗加齢医学会専門医。日本医師会認定産業医、
日本内科学会会員。
夫の副腎疲労の罹患をきっかけに、アドレナル・ファティーグ研究の第一人者であ
るアメリカ人医師、ジェームズ・L・ウィルソン博士に師事する。帰国後、日本初
の副腎疲労外来を開業し、その治療と認知に日々尽力している。

本間龍介(ほんま・りゅうすけ)
スクエアクリニック副院長。医学博士。東京都出身。聖マリアンナ医科大学医学
部卒業後、同大学院医学研究科修了。
米国抗加齢医学会フェロー、日本抗加齢医学会専門医・評議員。日本医師会認定
産業医、日本内科学会会員。
自らの副腎疲労の罹患をきっかけに、アドレナル・ファティーグ研究の第一人者で
あるアメリカ人医師、ジェームズ・L・ウィルソン博士に師事する。帰国後、日本
初の副腎疲労外来を開業し、その治療と認知に日々尽力している。

●第1部
日本ではあまり知られていない
副腎疲労とその症状
・いま、こんな症状に悩んでいませんか?
・その不調は副腎に原因があった?
・ホルモン分泌を司る副腎ってどんな臓器?
・副腎疲労が引き起こす症状 ほか

●第2部
副腎疲労は腸から治す

・副腎ケアは「腸の炎症を抑える」ことからはじまる
・腸の炎症こそが最悪のコルチゾール泥棒
・腸は腸でも小腸のケアをしよう
・カンジタが引き起こす腸漏れ症候群「リーキー・ガット」 ほか

●第3部
今すぐ改善!
実は副腎を傷めている
NG習慣を見直そう!

・忙しいときにお腹が空いたらパンを食べる
・パスタとコーヒーがランチの定番
・三度の食事に白いごはんは欠かさない

●第4部
今日からはじめる
副腎ケアに効くの習慣

・1日3食習慣で、たんぱく質を少しずつ、ゆっくり吸収しよう! ほか

●第5部
名医がズバリ回答!
副腎疲労のお悩みQ&A

●第6部
副腎疲労を克服した
4人のケース

●付章
僕の副腎疲労経験からいえること 本間龍介

このページのトップへ