ホーム > 世界史のながれをつかむ技術

世界史のながれをつかむ技術

有名予備校の世界史講義を30年にわたり担当した著者による、 世界史を現在に活かすための5つの方法論

著者 関 真興
ジャンル 単行本
シリーズ 歴史
人文・社会・教育
出版年月日 2015/03/11
ISBN 9784800305626
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,500円+税
  • 内容紹介
  • 目次

 

amazonで購入⇒  

全体像をつかむためのポイントがわかれば、世界史はけっして難しくない。
自分と世界のかかわりという身近なことから、ヨーロッパ・アジア・イスラム世界の成り立ち、
現代社会が抱える諸問題を考えるヒントまで、
世界史講義の専門家が教える「一般教養としての世界史入門」。

第1章 「歴史となにか」――自分と世界をつなぐもの

第2章 「時代区分」でみる各地の世界史

第3章 「歴史用語」で世界史のながれをつかむ

第4章 「近代」とはどんな時代なのか

第5章 「現代」とはどんな時代なのか

このページのトップへ