ホーム > 殿様は「明治」をどう生きたのか

殿様は「明治」をどう生きたのか

殿様は「明治」をどう生きたのか

幕末に大名だった人たちは明治時代になってどんな後半生を送ったのか。 松平容保や山内容堂など、最後の藩主たちの知られざる人生

著者 河合 敦
ジャンル 新書 > 歴史新書
シリーズ 歴史 > 歴史新書
出版年月日 2014/04/10
ISBN 9784800303790
判型・ページ数 新書・224ページ
定価 本体930円+税
  • 内容紹介
  • 目次

 

amazonで購入⇒  

江戸時代に各地を治めていた藩主は、明治には華族として
「鹿鳴館」で開かれる舞踏会場で華やかに踊っていたというイメージでとられがちである。
だが、実際には極貧生活にあえぐ者があれば、宮司となって世間の片隅でひっそりと生きる者、
はたまた外交官として世界各地を飛び回る者もいた。
こうした14人の元殿様の知られざる生き様をテレビなどでお馴染みの河合敦氏が紹介する。

はじめに

第一章
維新の波に抗った若き藩主たち

松平容保(会津藩) 朝敵にされた悲劇の大名
松平定敬(桑名藩) 容保と行動をともにした実の弟 
林 忠崇(請西藩) 藩主みずからが率先して薩長と戦う 
徳川茂承(紀伊藩) 敗走した旧幕府軍兵をかくまう 

第二章
最後の将軍徳川慶喜に翻弄された殿様

徳川昭武(水戸藩) 兄慶喜の身を案じた仲のよい弟 
松平春嶽(越前藩) 徳川慶喜に裏切られ通しの坂本龍馬の理解者
山内容堂(土佐藩) 晴らせぬ鬱憤を酒で紛らわせる
徳川慶勝(尾張藩) 実の弟容保と刃を交え、旧家臣たちに心を砕く
徳川家達(静岡藩) 幼くして徳川宗家を継いだ十六代目当主 

第三章
育ちの良さを活かして明治に活躍 

蜂須賀茂韶(徳島藩)祖先の不名誉な噂を払拭するために外交官や官僚として活躍  
浅野長勲(広島藩) 三人の天皇と心を通わせた最後の大名 
岡部長職(岸和田藩)長年の欧米生活で身についたマイホームパパ
上杉茂憲(米沢藩) 沖縄の近代化に尽くそうとした名門当主 
亀井茲監(津和野藩)国づくりは教育にありを実践 

[巻末付録]
江戸三百藩「最後の藩主総覧」

このページのトップへ