ホーム > ちゃんと知りたい 大人の発達障害がわかる本【増補改訂版】

ちゃんと知りたい 大人の発達障害がわかる本【増補改訂版】

ちゃんと知りたい 大人の発達障害がわかる本【増補改訂版】

最新治療から就労支援、家庭や職場でのサポート例まで 発達障害とうまく付き合うための処方箋

著者 備瀬 哲弘
ジャンル 単行本
シリーズ 人文・社会・教育
出版年月日 2013/08/26
ISBN 9784800302021
判型・ページ数 B5・120ページ
定価 本体1,200円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

 

近年、話題になっている「大人の発達障害」――
「ちょっと変な人」「空気が読めない」「片付けられない」などの症状は、
発達障害を知らない周囲の人たちからは誤解されがちです。
そうした誤解から人とうまく付き合えず苦しんでいる発達障害の人たちを
助けるのは、正しい知識と周りのサポートです。
そこで本書では、当事者が抱える「生きづらさ」を解消し、
発達障害とうまくつきあうための正しい知識とサポート実例などを紹介。
発達障害とともに生きるためのさまざまな方法を
図解でわかりやすく解説した一冊です。

 

●目次
◆巻頭インタビュー 「発達障害と生きる」ためのぼくの方法 市川拓司(小説家)

◆Part1 ちゃんと知りたい 「大人の発達障害」の基礎知識
【発達障害って何?】“空気が読めない”のは心ではなく脳が原因!?
【発達障害の定義】そもそも発達障害は病気? それとも障害?
【発達障害の原因】少しずつわかってきた先天的要因
【大人の発達障害】社会に出て直面する発達障害の“生きにくさ”
【大人の発達障害の種類】2つの発達障害 PDDとAD/HD
【PDD(広汎性発達障害)とは】自閉症の一種で境界のあいまいなPDD
【3つ組の障害①】PDDには共通する3つの特徴がある
【3つ組の障害②】意思疎通が一方的な「コミュニケーションの問題」
【3つ組の障害③】ひとつのことに固執する「想像力の問題」
【AD/HD(注意欠陥多動性障害)とは】3つの特徴「多動性」「衝動性」「不注意」

Part2 二次障害で苦しまない ?「生きにくさ」を防ぐために?
【併発する二次障害】“生きにくさ”の原因となる二次障害
【①うつ病二次障害】にうつ病が多い理由
【②適応障害】ストレス耐性の低さが原因の適応障害
【③パーソナリティ障害】極端に思考が偏るパーソナリティ障害
【④嗜癖行動】発達障害の人は依存症になりやすい!?
【⑤睡眠障害】密接な関係がある発達障害と睡眠障害
【共依存】親身になりすぎて「支援」が「依存」に
【女性の発達障害】見逃されてきた女性ならではの苦しみ
【発達障害とひきこもり】ひきこもりの背景にある発達障害
【二次障害への対応】二次障害は治せる

Part3 診察と治療、生活上の工夫 ?楽に生きていくために?
【診察】「自分は発達障害?」と思ったらまずは診察を
【診察前の準備】診察前に用意しておきたいこと
【診断の基準】診断の決め手となる3つのポイント
【発達障害の治療法発】達障害はどう治療するのか? 治療法一覧
【2つの代表的な治療法】心理療法と薬物療法の効果と実情
【誤診の問題】類似症状により見逃される発達障害
【二次障害を防ぐ】どうすれば二次障害から逃れられるか
【自助グループへの参加】同じ悩みを持つ当事者同士で問題を共有
【対人関係のヒント】発達障害のためのコミュニケーション術
【職場でのヒント】仕事を円滑に進めるためのコツ
【就労のヒント】ストレスのない仕事に就くために

Part4 周りの人が知っておきたい家庭・職場での支援ガイド
【「理解」から「サポート」へ】サポートに欠かせない周囲の理解と協力
【社会に出るストレス】発達障害の人が働くということ
【サポートと治療の関係】周囲のサポートと治療効果は連動する
・発達障害の人とよりよく暮らすための家族・パートナーのサポート例
・専門医に聞く上司・同僚のための職場サポートQ&A
・「生きにくさ」の克服発達障害とともに生きるために
・「大人の発達障害」を自己診断!!
「自閉症スペクトラム指数」チェックリスト
・専門医が実際に行っている心理療法の5つのポイント
・楽しいコミュニケーションへ! 試して・気づき・経験値を積む
・発達障害の特性を活かした就労をサポートする民間企業
・「大人の発達障害」相談先一覧
コラム 発達障害の最新治療と研究

このページのトップへ