ホーム > 栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング

栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング

栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング

栗村修が教える これが国内トッププロもやっている トレーニング&テクニックだ!

著者 栗村 修
ジャンル 単行本
シリーズ 趣味・実用
出版年月日 2012/11/22
ISBN 9784800300232
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体1,700円+税
  • 内容紹介
  • 目次

amazonで購入⇒  

同じトレーニングをしても、速くなる人とそうでない選手がいます。
これはトレーニング方法に正解がないということを意味しています。
結局は、星の数ほどあるトレーニング方法の中から、
自分にあったものを見つけるしかありません。

本書には、たくさんのトレーニング方法や
テクニックを紹介しています。
いろいろな方法を試して、自分にあったやり方を見つけてください。

みなさんが、本書から速くなるためのヒントを、
そして実りある人生を送るためのヒントをたくさん見つけてくれることを祈ります。

Part1 自分を知ることからはじめよう
 人間は不完全なエンジンだ
 すべてはモチベーションから
 走りの「質」とは?
 犬、猫、オウム、3つのメンタル
 3つの脚質を知る
 宇都宮ブリッツェンを強くした「ゲーム」
 column
 
Part2 フィジカルトレーニングとテクニック
 すべてのトレーニングは逆立ちをしている
 間違いだらけの心拍、パワートレーニング
 フィジカルトレーニングは強化ではない
 時間と強度で決まるフィジカルトレーニング
 テクニックでフィジカルを守る
 テクニックはレースで磨く
 column
 
Part3 バイクを乗りこなすためのポジショニングとフォーム
 クリートのポジショニング
 サドルのポジショニング
 上半身に余裕を持たせるハンドルポジション
 部位別フォーム解説
 見栄っぱりポジションの三重苦
 欧州トッププロのポジション、フォーム解説
 column
 
Part4 ライバルに差をつけるテクニック
 ペダリングとは?
 大きいペダリング、小さいペダリング
 万能のダンシング
 コーナーリングの基本
 戦術的コーナーリング
 コーナーリングからの立ち上がり
 ヘアピンコーナー
 「エゴイスト」にならないブレーキング
 安全なダウンヒル
 集団内の位置どり
 ドラフティングと攻撃
 2つの先頭交代
 マイペース走法で上りをしのぐ
 心理を読むアタック
 ペースアップでライバルの脚を削る
 スプリントは風との勝負
 結果に直結、スタート時の位置どり
 栗村式! 秘密の呼吸法
 本来の力を出すウォームアップ
 体を守るゴール後のクールダウン
 レースにおけるテクニックとは?
 COLUMN 
 
Part5 フィジカルトレーニングで目標に順応する
 フィジカルのトレーニングはレースのリハーサルだ
 FTPの本当の意味
 心拍数を「上げて」はいけない
 トレーニング強度分類の一例
 強度とレースとの対応
 L1を楽しむ
 L2でフィジカル、テクニックの基礎をつくる
 L3ではオーバートレーニングに注意する
 市民レースのコアとなるL4
 シチュエーションづくりが大切なL5
 COLUMN
 
Part6 体のメンテナンス
 トレーニング前後のストレッチ
 フォームを意識した筋力トレーニング
 COLUMN
 
 
Part7 体をつくる食事
 サイクリストの食生活
 トレーニング前の食事
 トレーニング後の食事
 レース中の補給
 COLUMN

Part8 速くなるためのヒント
 市民レーサーのショップ選び
 チーム内処世術
 ホームコースの選びかた
 フレーム探しに王道なし
 ホイールの性能は値段に比例しない
 お尻だけの問題ではないサドル選び
 ハンドルの形は変えられない
 クランク長とインプレッションの謎
 コンポーネントはブラケットで選ぶ
 妥協してはいけないシューズ選び
 プロのレースに学ぶ
 トレーニング理論のみつけかた

目標へのトレーニングプランを作る
3カ月トレーニングプラン

このページのトップへ